teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


はじめまして

 投稿者:最澄  投稿日:2016年11月27日(日)17時09分57秒 185.137.18.244
返信・引用
  ソウルキャリバー2をチートしたいのですがやり方がよくわかりません
PCXS2をつかっています
教えてください お願いします
こちらがLINE QRコードです
よろしくおねがいします

http://fast-uploader.com/file/7035789545781/

 
 

硬直軽減バグ各種

 投稿者:ムネミ  投稿日:2016年 9月17日(土)21時01分46秒 ngn5-ppp3902.east.sannet.ne.jp
返信・引用
  以前言ったガード硬直軽減バグに関連して以前から感じていたことが確信に変わったが、GI失敗モーションキャンセルバグや相殺硬直軽減バグなどもどうやらメカニズムは同じもののようだった。
IGやチーフGが横ステ絡みのバグであるのに対し、これらは全て前後ステ絡みのバグだというのが大きな特徴だ。
 

家キャリ木刀03

 投稿者:ムネミ  投稿日:2016年 3月11日(金)22時47分42秒 ngn2-ppp1229.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  木刀柄巻き三刀目。
だいぶ人並み程度の形を整えられるようになってきた。
これでようやく俺の持ってる木刀の半数を消化できたが、これ以上はもう手元に柄糸がないので糸を新たに購入しなければならない。
次は皮糸で巻きに挑戦してみたい。

.
 

家キャリ木刀02

 投稿者:ムネミ  投稿日:2016年 1月31日(日)01時12分27秒 ngn2-ppp371.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  木刀柄巻き二刀目。今回は手元に余った柄糸を継ぎ足す形で巻いてみたが、やはりやや継ぎ目が目立つ。
前回より菱の形に統一感が見えて来た所に多少上達の後が見られるが、柄尻に向かって中心点がズレている部分があるため、まだまだ改善の余地がある。

──君ら現代格ゲーマーはまるでわかっちゃいない
この俺を超越(こえ)てゆきねぇな


.
 

新年

 投稿者:ムネミ  投稿日:2016年 1月 1日(金)22時59分59秒 ngn2-ppp3477.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  明けましてめでたきこと祝着至極に存ずる。  

ゆくキャリくるキャリ

 投稿者:ムネミ  投稿日:2016年 1月 1日(金)22時58分48秒 ngn2-ppp3477.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用 編集済
  1月2日に海外プレイヤーを招いて家キャリすることとなった。
今の所俺含め6人が確定だが、さらに増える可能性がある上、4人でキツキツだった自宅でやるとスペース的な問題がやや心配だ。
 

家キャリ木刀

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年11月24日(火)22時19分3秒 ngn2-ppp89.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用 編集済
  23日の家キャリへ備えるため木刀の柄巻きを行ってみたが、一般的な居合刀の8寸柄より2cm長く太さも1.4倍ほどあり、
菱紙も鍔付近の上半分までしか用意できなかったので菱の形を整えるのが難しく、8mm幅の柄糸では4mでもギリギリだった。

俺が素振りに使ってる写真の木刀は赤樫製の木刀だが、赤樫は色が無愛想で貧乏臭いなどとよく言われる。
だが逆に白樫製の木刀の色などは俺の目からは気取り過ぎに見える。
木刀の本義は修練用なわけだから、別に無骨で気取らないエモノでもいいと思うんだよなあ。


.
 

重解

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年11月13日(金)20時51分18秒 ngn2-ppp455.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  ウメハラさんの著作『勝ち続ける意志力』の中に──

「大会で結果を出すことを目標とするのは良いが、目的としてはならない」

──との一節があった。
これについて己を振り返ってみると、俺にとって大会で結果を出すということは目標でも目的でもなかったのだと改めて思い至った。

俺の行う対戦はそれが家キャリだろうがオンだろうが大会だろうが、わからせたいと思った相手をひたすらわからせることがいつも最大の目標であり目的だった。
例を挙げると「船長のジオダでスカ確取るなんてよほどの実力差がないと無理」と言ってた奴にジオダのスカ確を取って勝つとか
昨年2月のSCRでの俺とアリスの決勝を見て、ヴォルドでなら簡単に俺に勝てると考えて挑んできた浅いサブのヴォルドを一蹴してわからせるといった具合だ。

これらの類例は偶然前者も後者も相手が同一人物だったが、こうした舐め癖のあるプレイヤーは豆腐メンタルで必ずここ一番の勝負の瞬間に勝手に自滅してゆくので、さほどわからせ甲斐がないのが残念な所である。

昨年のEVOにしても俺はアリスを倒してわからせることこそが第一目的だったため、仮にアリスを倒した後で全く見知らぬ伏兵的なプレイヤーに敗退したとしても、それはそれで満足していたことだろう。
だがあの時は図らずも「アリスを倒す=EVO優勝」という重解状況だったので、期せずして後から優勝が付いてきただけに過ぎないのだ。
 

キャラ差

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年10月 4日(日)01時24分43秒 ngn2-ppp1396.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  某所の2HDスレで少し前に「3と違って2はキャラ差の有無がよくわからん」と書いてた人がいたようだ。

2はわからん殺しが超キツいのと、フレームなどの目に見えるデータ以外のものに大きく意識を割いて立ち回らなきゃならんので
キャラ差よりプレイヤーの経験差の方が出易く、8WRを始めとする各防御システムが強過ぎる環境も手伝って著しくキャラ差を感じにくいゲームになっているのだ。
 

閉店反対署名

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 8月18日(火)22時45分57秒 ngn2-ppp1526.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  例のゲーセン閉店反対署名の件で
「署名発起人は具体的な利益回収プランを考えているのか?」
「経営継続して失敗した時の賠償責任などを果たす覚悟はあるのか?」
などの批判を見ていると、つい3AE当時のことを思い出し、SCプレイヤーとしては全くの他人事ではないと思ってしまう。

3AEの署名運動をしていたおおさか君にしてもAE発売後の利益回収プランなんて微塵も考えてはいなかっただろうし、当時のAE稼動状況も以前きくっさんから聞いた話によると俺の想像以上にボロボロだったそうだ。
そしてもちろん署名運動を始めた本人はその責任を果たすことなど一切なかった。

かくして3AE署名運動は当時の状況を見る限り甚だ惨めな結果に終わったが、それらは目的に対してたまたま手段が誤っていただけだと俺は信じたい。
閉店反対の件にしても署名とは一手段でしかない物で、他の方法を模索してゆけばより良い策が見つかる可能性は必ずしもゼロではないはずなのだから。
 

触れ得ざる者

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 7月26日(日)22時39分7秒 ngn2-ppp1261.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用 編集済
  ボタンガードのキャリバーで、相手キャラの攻撃モーションが見えても足を止めない技術を本気で追求したプレイヤーは果たして一人でもいるだろうか。
この修練を積まなければ、触れるか触れ得ざるかの紙一重の空間支配力や正確無比なスカ確技術が身に付くことは決してない。

キャリバーは歴史的にステップの技術ばかりが盛んに研究される一方で、ランの技術進化はずっと石器時代のまま止まっていたと言う他ない。
このランの技術をイロハのイほどにも使いこなせるプレイヤーは、残念ながらたった一人を除き未だそれ以上現れてはいないというのが現状だ。
 

銃声ストレス症候群

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 7月22日(水)00時25分22秒 ngn2-ppp1577.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用 編集済
  例のGGのヲシゲさんの試合はすっかり笑いのネタになっているようだ。
しかし自分もああいった舞台を経験している身としては決して笑うことはできない。

幸い今までラウンド数の見落としや勘違いはないが、俺も去年のEVOの決勝では完全にゾーンに入りきっていたため、相手を1Rでも多く倒すことにのみ集中し、自分の試合取得数のカウントは全くしておらず、次の試合があるかと思って準備していたら周りの反応でようやく終わったと気付いたくらいだった。

ヲシゲさんはせめて座ったまま喜んでいれば早い段階で誤りに気付けたかもしれない。
だがあそこで思わず立ち上がってしまう心理状態は、紛争地域の戦場で前線兵士がよく罹る銃声ストレス症候群に近いので致仕方ない部分もある。
裏を返せばそれだけ相手のプレッシャーが半端なかったということだ。
 

EVO2014~15

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 7月18日(土)22時48分26秒 ngn2-ppp1577.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  EVO2015の一日目の結果を一通り追ってみたが、やはり年々顕著になってゆく海外のレベルの高さを実感させられるような内容が多いように思う。
こうした結果を見るに付け、ふと思い出すのはEVO2014のSC5大会終了後のことだ。

俺はあの時「国内のSC5プレイヤーはなぜEVOに来なかったのだろうか?」みたいなことを言った。
しかし今になって思い至るのは残念ながらあの時点でさえ、国内の5勢の中には海外のシングルトナメでまともに優勝を狙えるようなプレイヤーが1人も育っていなかったのだろうということだ。
それを考えるとデコポン君が抜けた穴というのは、想像以上に大きかったのだと今更ながらに痛感せざるを得ない。
 

目付け

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 7月17日(金)00時56分25秒 ngn2-ppp1577.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用 編集済
  相手の攻撃を予測する読みが深くなると、攻撃モーションの起こりを告げるキャラの手や足などの特定部位の一点を凝視してしまいがちになるが、実は一点を凝視するよりも全体を薮睨みのように見据えた方が反応が鋭くなる。

前者の見方を中心視と言い、後者を周辺視と言うが、この周辺視を用いていち速く攻撃に反応する術理を古流剣術では「遠山の目付け」と呼んでいる。
目前の相手の肩や腕などを部位凝視するのではなく、遠くの山を眺めるが如き眼の焦点を以って相手の全体像を周辺視で捉えることで、斬撃への迅速な対処を可能にするのだ。

この「遠山の目付け」という術理はスポーツなど多くの分野でも応用できるものだが、格ゲーマーの中でも特にトップに君臨するプレイヤーなどは無意識にこれらをやっている人が少なからずいることだろう。
もちろんこの俺も例外ではなく、とりわけ相手の攻撃を目視避けする時や狙ってスカ確を取る時ほど、無意識にこれらを行っているのだ。
 

MCA

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 7月 9日(木)19時15分23秒 ngn2-ppp3058.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  総合格闘技初期の主流技術が『ムエタイ+柔術』で、後期のそれが『ボクシング+レスリング』だとするなら、
俺のキャリバーは『ボクシング+古流剣術』のMCA(Mixed Calibur Arts)=総合キャリバー技なんだよなあ。
 

弟子

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 6月15日(月)19時17分38秒 ngn2-ppp3553.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  弟子ってわけでもないんだが、今まふぃあさんという新しいプレイヤーを教えている。
今の彼の使用キャラはカサとシャンファで、もともとラン避けとスカ確の勘が鋭い人なだけあり、特に足の速いカサはベストなキャラ選のように思う。
加えてこちらからのアドバイスで少しでも知識を身に付けるとそれをリアルタイムで動きに反映できる高い身体能力の持ち主でもあるので、本当に今後が楽しみだ。
 

世界

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 5月24日(日)23時29分19秒 ngn2-ppp1640.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用 編集済
  そろそろEVOの季節だな。
海外遠征の先達として一つアドバイスしておくと、海外戦では豆腐メンタルの奴から先に死んでいくと思っといた方がいい。
メンタルが細いと自覚している奴は悪いことは言わんからメントレしておけ。

さらに時差ボケや異国の慣れぬ食事などで体調管理が難しく、せいぜい実力の65%でも出せればいい方だ。
プロゲーマーなどと違い、多くは海外慣れなんてしてないプレイヤーがほとんどのはずなので、余計に不利な中こうした状況と戦わなければならない。

しかしそれら全てを跳ね返せるごく一握りの選ばれた奴だけが生き残れる世界──それが海外戦なのだ。
 

旧2

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 5月22日(金)00時49分51秒 ngn2-ppp1640.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  旧SC2時代の対戦動画見て思うのは、やはり俺が最も実力を発揮できるのは旧SC2だということだ。
ゲームの出来としては2HDの方が好みだが、旧2よりランが固いせいで100%の実力を発揮することができんのよな。
 

刀剣美

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 4月 1日(水)00時44分31秒 ngn2-ppp2733.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用
  刀剣愛好家の一般的な美的感覚では、一点の曇りやキズのない一度も抜かれたことのないような刀が美しいとされている。
だが俺は刀の本来の用途を考えると、刀身に適度な鍛造キズがあったり鞘走り痕がある方が美しく感じるのだ。

──御剣使ゐは刀剣愛好家に非ず、剣術家にてあらねばならぬ。
 

Murasam”a” Brade

 投稿者:ムネミ  投稿日:2015年 3月 7日(土)23時08分43秒 ngn2-ppp1343.chiba.sannet.ne.jp
返信・引用 編集済
  御剣使ゐは刀の手入れを怠ってはならぬ。刀はもののふの魂に等しきものなれば、丹々念々にこれを手入れ致すことにて強くならるるのでござる。

──刀身研磨に加え、鯉口と茎の調整を行った。
今まで御神刀の手入れ油は植物性の丁字油を使ってたが、今回は鉱物性の御刀油でやってみた。以前より少し艶やかになったような気がする。比較すると

光沢  :鉱物性油>>>>植物性油
香り良さ:植物性油>>>>>>>>>>>鉱物性油

といったところか。
 

レンタル掲示板
/24