teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


無題

 投稿者:しましま  投稿日:2013年 2月15日(金)14時39分14秒
  ぴい様 お久しぶりです、

数年前から言おうかどうか迷っていたのですが、ダンカンCSに IM1というPUがあります。 アルニコ5で出力もわりと強いんですが(確か14.5kΩ?) これ 凄まじく初期のトーンがします、ダンカンのフォーラムでは少々話題になっていますが 動画貼っときます ご参考までにどうぞ! ちなみに私は数年前MJに5150用とうるさく言って1個作ってもらったんですがこれもIM1 ただ私のはアルニコ2で13.93kΩの物が来ました。これはフランケンレプリカと同じ物のような気もしますが..(MJは既存モデルとは音が違うと主張) ついにバスウッドで5150タイプを作ったので載せてます。初期のエディの改造PAFはアルニコ3物ではないか?との疑問もでてきたんですけど..  IM1は基本アルニコ5なので低音がビシッと締まったぴいさんお好みのトーンです ちょっとヴァリアック掛かったトーンで多分お好みかと.. ぴいさんのプレキシ直でもパワーがある分かなり相性いいと思いますよ。 自分のアッシュのはいまだ78ですけど.. ただこれは長年お世話になったぴいさんへのお礼のつもりで特別にお教えしたつもりです、本当はこの件はあまり広めたくないのでなるべくご内密にお願い申し上げます 興味がなければ戯言だとどうかお忘れくださいませ。

IM1
www.youtube.com/watch?v=wlXHfu8h2OQ
 
 

ブラウンサウンド

 投稿者:とも  投稿日:2012年 2月24日(金)19時05分13秒
  初期のVHサウンドは研究されてますけど、アルバムの音を指すのであれば、宅やスタジオ環境も相当影響があるはずです。(まして一発録りw)
 

祝!New Album

 投稿者:Miki  投稿日:2012年 2月18日(土)02時38分26秒
  遂に出ましたね、ニューアルバム!アンプはマーシャルではなさそうですが、全体のヴァイブは、まさに初期そのもので、むしろ更にヘヴィーになったようにも聴こえます。いずれにしても、個人的には本当に久しぶりに興奮できて、すごく元気を貰えたアルバムです。久しぶりにイラプションを弾きたくなりました。もう今から2ndが待ち遠しいです。来日するなら絶対に観に行きたいですね。とにかくしばらくは、この新譜で萌え萌えしたいと思います。またブラウンサウンドの探求に火が付きそうで懐具合が心配です。  

よろしくお願いします。

 投稿者:スー  投稿日:2011年 9月21日(水)14時38分1秒
  ぴい様、お返事が遅くなりご無沙汰しました。

1959T は、やっぱりいいですね。うらやましい。
私は復刻版ですが二台の1959SLP、1987Xと2203KKを所有しております。
アッテネータはDM-Xとホットプレートです。キャビは、VINTAGE30二発の
ものを持っています。

録音なのですが私はSinger Song Writer9.0Proを使用してます。前回は
Windows7用のインターフェースドライバの問題でうまく録音できなかったのですが
今ではちゃんと録音できるようになりました。なかなかいい感じです。
ちまたではWindowsのDAWと言えば、みなさんCubaseを使用してるようですね。
そしてPCとUSBの録音インターフェース(私はUA-20)をつなげています。

VHoholicさんの音源を聞かせてもらいました。特に1959の音が好きです。
ワンチューブという謎もありますが・・・。パラレルプッシュプル回路なので
2本抜きはよく聞きますが、one tubeは聞いたことがありません。
ストックでシールド直結のようですが、よく歪んでますね。でも確かにDAWソフトで
リバーブやイコライザーなどエフェクトをかけると凄く音が変わりますね。
私もマイクはSM57を使っています。
今度ヴァン・ヘイレンを練習して、早く録音にチャレンジしたいと
思います。特にぴいさんのeruptionの音源がお気に入りです。

それでは、またよろしくお願いいたします。

※アッテはDM-Xを使用してるのですが、結構な爆音で実験してます。
騒音が怖いので騒音計を使用して90dB(アップライトピアノ)の
音量(騒音)でやってるつもりです。でもかなり爆音です。
 

ありがとうございます。

 投稿者:ぴい  投稿日:2011年 9月 3日(土)22時08分42秒
  スーさんありがとうございます。
アンプは1959T SUPER TREMOLO 100Wです。
TREMOLO回路がバイパス的にくっ付いていたのですが、それははずしましたので、
回路的にはSUPER LEADと同様にしています。
ロサンゼルスに旅行に行ったとき、楽器屋さん周りをして、たまたま運よく見つけたので、
たしかに貴重なアンプだと思います。

でも、アンプだけでなく、録音方法やエコー等のエフェクト処理も音にすごく影響するなあと思います。
僕は専用の録音ソフトを持っていないので、MTRで一旦エフェクト処理して録音したものを、PCのマイク端子につないで、フリーのSound Engineというソフトで再録音しているのですが、経路が増えれば増えるほど音が劣化していく感じがします。それとなぜか新しいPCだと音がしょぼくなってしまうので、録音のときは古いPCを使っています。

VHoholicさんの音源(http://www.vhoholic.com/)を聞いてしまうと、1959SLPで僕よりもっと「らしい」音を出しているし、演奏も上手なので、僕なんかまだまだです。
彼は、1959SLP-SM57-CakewalkのGuitar-proというDAWソフトを使っているとのことです。
そのソフトは今はもうバージョンアップしてしまい、シミュレーター機能を重視しているようなので、VHoholicさんが使った当時のものとは変質してしまっているようです。
マイクで拾った音をなるべく素直にPC上でMTRできて、エフェクトも掛けられるDAW(できれば日本語の)があれば非常に興味があります。

※あと彼はアッテネーターを使っていないので、えらく近所迷惑ですが、その辺りもポイントかも。。。
小さな音だとフィードバックが起きないので、VH1のような音の風圧がどうやったって再現できないので、
そもそもスタジアムでの演奏用に設計された貴重なアンプが、小さな我が家にあるのは、
ちょっとアンプも気の毒かなとも思います。


 

いい音ですね

 投稿者:スー  投稿日:2011年 8月22日(月)23時57分48秒
  ぴい様

音源アップありがとうございます。やっぱいい音ですね。
音色は完成されているので羨ましいです。
ぴいさんのアンプは1959T JMP Tremolo Leadってことなんでしょうか?
すいません、知識がないもので。PtoPのハンドワイヤーなんてすごい
貴重なアンプですね。今自分はDAWソフトを使用してPC録音をやってるのですが
ぜんぜんうまくいっていません。もうちょっと研究してみます。
ぴいさんの音源は大変参考になります。
 

5個復活+1個Newしました!

 投稿者:ぴい  投稿日:2011年 7月24日(日)23時47分14秒
  MTRに残っていた5曲?をリマスター復活させました。

1曲アンプ直でEverybody wants some?を入れてみました。
何年ぶりだろう。。。
ピッキングのたどたどしさとリズム音痴に磨きがかかったけど、
音色的には一番素直な感じが。
 

Brown Sound よ永遠に

 投稿者:Miki  投稿日:2011年 7月13日(水)23時41分11秒
  EVHの音が大好きでこのページの立ち上げ当時から何度か見させて頂いておりますが、初めて投稿します。
私もいいオッサンで、初期エディーサウンドに魅せられてかなり無駄遣いもしてきました。
噂では間もなくリリースされるVan Halenの新作は、久々にオールドマーシャルが全編で復活していると聞きます。
ヴォーカルもデイブですし、どんなサウンドメイクになるのかとても楽しみです。
このページもまた賑やかになるといいですね。
 

残念ですね。

 投稿者:スー  投稿日:2011年 6月14日(火)14時43分26秒
  ぴい様、お返事どうもありがとうございます。
以前、音源を聞いたことがあり、EVHの音を再現されてるなと
感心していました。また聞きたいなと思い立ち寄りました。
なくなったものはもう仕方ないですね。
私はいい年なんですが、ギターは挫折しつつ、やっと最近また復活しています。
現在は1959SLP(復刻版)とJCM800KKを所有しております。ピックアップはJBと59です。
それをDM-Xで音量をある程度下げて自宅でもいい音がなるようにがんばっていますが、
ぴい様の様な音にはたどり着いていません。EP3はうらやましいですね。
EP3の代わりにEP BOOSTERも考えています。
1959SLPのバイアス調整や真空管交換でも悩んでいます。
またVHホリックさんは、パワー管一本でならしている音源があってびっくりしています。

今日はこれで失礼させて頂きます。よろしくお願いします。
 

あぁ

 投稿者:ぴい  投稿日:2011年 6月12日(日)22時09分29秒
  スー様。更新がなくて、さびれたページに来ていただき、ちょっとうれしいです。

無料のファイルサーバーが閉鎖になっていました。。。ファイルも削除。
PCに保管していなかったので幻(?)の迷演は無くなってしまいました。

MTRには一部残っていたので、いつか暇つぶしにRemix & Remasterトライしてみます。
ついでに1つくらい足しとかないと。

今日久々にアンプにつないだら、なかなかいい音でした。
ギター+EP3+アンプが最もナチュラルでいい音がするように思います。
けど全然弾いていなかったので、さらにへたくそになったなあ。
このページ立ち上げたのが8年半前。いろいろあったなあ。あの頃に戻りたい。
 

音源を復活してください

 投稿者:スー  投稿日:2011年 6月 1日(水)22時37分38秒
  ぴい様

はじめまして。VHのサウンドをもとめてここにきました。
ぴいさんの音源のリンクがきれてます。なんとかならないでしょうか?
 

爆発トーン ラインブースト

 投稿者:しましま  投稿日:2010年12月 3日(金)15時12分23秒
  ぴいさんへ

最後に1個書き忘れてました 78フレズノで観れる初期ステージマーシャル爆発トーンについて触れておきます。 TAKEさんも言われてますが 長年の自己研究の結果、ボクもやはりあれはエコープレックスEP-3(×2) Boss 10band EQ  MXR 6band EQによるラインブーストだと思います。

 個人的にORANGEのCL-20という卓上を買ったんですが これにBOSS GP-20の1959モードを被せて さらにBOSS RE-20 space echoの入力レベルつまみでフルブーストをかけると卓上でもあの爆発トーンが出てきます。(PUは78)

以前Fulltone Tube Tape Echoの入力レベルつまみによるラインブーストについて書きましたが エディのはEP-3 ただ確かあれはコンソールの穴にドライバーを突っ込んで入力レベル調整ができたと思うんですが.. 初期ステージでは2台置いてて写真等では配線を怪しくしてありますが これはやはりエディが写真を撮られる事を前提にして少々怪しくしてあるのかなと..。 以前ぴいさんはEP-3でやってみたがハムバッカーではあまり効果が判らなかったと書かれてました。もう実験はされたかとは思いますが、僕はEP-3をフルブーストで1台+EQでミッド及びゲインブースト(BOSSは500hzピーク、MXRは600hzピーク)かステージに置いてある様にEP-3をフルブースト2台+EQブーストでやってるんではないかと思います。これでやってみると苦戦してた3弦の音が充分に太くなり、Running With The Devilのあの感じがバッチリ出てきます ボクはここでORANGEアンプのミッドを少々上げて(先のBOSS 10band EQの実験動画の方程度に)やるとグッドです 卓上で爆発トーン(フィードバックはダメですが..) いけますよ!

ただORANGEアンプはマーシャルではないし、ミッドEQの利き方が600~800hz系(ハイミッド系?)なのと少々VOX的に複雑な奇数倍音を発するアンプですのでピッキングハーモニクスの出が悪くなったし Phase90も倍音干渉が起き、PUを含むギターとシュミ、アンプの倍音が干渉するのでそこはイマイチですけど..。

今マーシャルからMG15という卓上が出てて これはノーマルモードにしとくとボクにはVinatage modernがトランジスタになったみたいな音に聴こえるので これ買って(安いです)同じ様にやればさらにグッドかなと思います(多分倍音干渉が出難いのでそのままでエコーブーストか癖のない感じにしてシュミで1959+エコーブーストでいい感じになるんじゃないかなと思います)

ボクの報告はこれで以上です、ぴいさんに今一度深く御礼申し上げます 本当にありがとうございました!
 

ピッキング アーティキュレーション

 投稿者:しましま  投稿日:2010年10月16日(土)03時45分41秒
  ぴいさんへ

長い間本当にお世話になりました、ボクのギターも次のプロセスに進む節目の様な時が来ました。 エディについて沢山の事を教えて頂いて 自分なりに10年前より進歩する事が出来ました エディから学ぶ事が尽きることはありませんが 10年前に目標とした事を身に着けて、他のジャンルでギターを弾く際に自分なりに応用できるようになりました。

特に機材面での事は大変に参考になる御教授を数え切れない程頂きました、本当にぴいさんには感謝の言葉を言い尽くす事はできないでしょう 本当に 本当に有難う御座いました!!

最後にSpanish Fly的なピッキングアーティキュレーションについての情報をぴいさんと分かち合う事で感謝の気持ちの一部分でも感じて頂けたらと思います。

タッピングハーモニクスによるイントロから開放弦付きタッピング ナチュラルハーモニクスのあと6弦Aポジション(5fとします)からレガート感のある高速上昇フレーズが1弦14f辺りまで続きます。 ここ ボクは6弦3fGから一弦3音のリニアパターンで上昇します、6弦3fGからアイオニアンスケール(ダイアトニックメジャースケール)の3音パターンを当てますが感覚としては3fGというより5fA(Gアイオニアンを第2音から弾くとAのドリアンスケールになります、これを使い1弦まで上昇しその後1、2弦を一弦3音×2=6音パックとしてリニアに15fまで上がっていきます、ドリアンスケールとエオリアンスケール(ナチュラルマイナー)は第6音が♭6thかM6thかの違いだけで後は同じ構成音です。 ここで運指としては6弦から

(6弦)3-5-7(5弦)3-5-7(4弦)4-5-7(3弦)4-5-7(2弦)5-7-8(1弦)5-7-8です 後は1、2弦はドリアンでもナチャラルマイナーでもいいので6音パックで15fまで上がってください。(ボクはドリアンで上がります)

ここでピッキングですが1弦一回でいくとレガートな響きになりますが エディっぽい響きにするにはちょっと変わったピッキングになります、6弦(1回)5弦(3回)4弦(1回)3弦(3回)2弦(1回)1弦(3回)そしてその後の1、2弦6音パックは2弦(1回)1弦(3回)を続けて上昇します。1-3-1-3-1-3というパターンです。

ポール・ギルバート氏のレッスン動画ですが貼っておきます

://www.youtube.com/watch?v=vDKVhrdmYHA

://www.youtube.com/watch?v=efq_lPN2TZE

ポール氏のこれは2番目の動画でエディ ジョ-ジ・リンチが使ったと言ってますが..
最初の方はペンタトニックスケールを無理矢理1弦3音6音シークエンスにした物で 特に上昇の最初の4拍は超絶なストレッチフレーズなので大変に危険です リニアフレージングに慣れてないと間違いなく酷い腱鞘炎になるので絶対にマネしないでください。

このピッキングパターンをマスターするとSpanish Flyの雰囲気をかなり出す事が出来ます
この事はもうご存知かもしれませんが 今までにやってなかったら是非お試しください

これをもってボクはぴいさんのBBSを一旦卒業します! 長い間本当に 本当に有難う御座いました 感謝の気持ちは尽きませんが..  何事も節目は来る物、 どうぞこれからもギター弾き続けて下さいね 遠くから感謝しつつ応援しています それでは!
 

1stの曲の歪

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 7月30日(金)18時35分34秒
  今日はシュミで(Boss GP-20)1stでフランケンを使っているであろう曲の音風にするやり方でも書こうと思います。確かフランケンを使っているのは Eruption Ain't talkin~ I'm the one Atomic punk I'm scream man 辺りですかね.. Little dremerもかな? まずはAin't talkin~はややクリーンですからEQ全開でゲインVolを絞り気味でいいでしょう、GtのVolを絞るとハイ落ちするので(中間部は絞る) 後は基本的にEQ全開でいいと思いますがシュミですからオリジナルと違いますしモデリングのベースになる1959は大抵状態が良く、ゲインも高めに出る物が多いので僕はEruptionとかソロタイム風の時でも2時位ですね(EQは全開)

クセ物はI'm the oneですね ちょっと他よりも音が太く歪もやや低音が利いてます
で、I'm the oneではオリジナルでもそうなるかどうか判りませんがシュミがオリジナルよりもよく歪むのを利用してbassを11時 trebleを1時半位に絞りゲインVolを全開にもって行きます、僕はこういう時でもpresenceは全開ですが このセットにすると意外と中低域がよく利き倍音も豊かになります。 僕はチューニングを合わせて音を確認する時は一応デストロイヤー曲ですがFeel your~のリフを弾く事が多いかな? Atomic~はエフェクトのせいかちょっと音ヤセ感がありますし Ain't~もそうかもしれませんが.. 1stではOn Fireのリフの音が1番太いと思いますけど 因みにフランケン→1959では2ndの方がナチュラルに聴こえます。

2ndの確認はyour no good sombody light up~かな? ソロ系の曲以外は大抵EQ全開でゲインVol 11時が多くソロ時に2時位が多いです(2時にしといてGtのVolを絞ってる場合も多い)4枚目の曲バッキング時はゲイン12時位に上げる事が多いです→ソロは2時

5,6枚目はbass11時 tre1時 pre 2時位でゲイン10~11時が多いかな? 1984はそこにコーラスを薄めにかけます。

ぴいさんは2ndの来日に行かれたそうですが僕はあの黒黄の音を聴いた事がありません
2ndの曲をやってるオフィシャルの映像もありますがあれはフランケン+黒ヘッドですよね
あれどんな音してました? 関西のブート屋は全然知らないので..。

1959も真空管だとEQの効きはあまり鋭くないですが結構EQ+ゲインレベルでヴァリエーションが出せますよね
 

ブラウンサウンド

 投稿者:TAKEメール  投稿日:2010年 7月 6日(火)02時57分59秒
  ぴいさん、しましまさん

私も研究並びに、お返事さぼっておりました 苦笑

初来日、あれから30年以上の時が流れてるんですね!年取るはずです 涙
私は最前列だったので、エドの動きや音がストレートに感じれました。
1時間少々の短いステージだったけど、ほんとノックアウトされました。
当時私も、1987(50Wですね)を持ってたんですが
まわりの仲間も含めて、マーシャル直であんな音が出るのが信じられなかった
のを憶えています、当時エドは「電圧を上げてる」なんて、適当なコト言ってましたが 笑 (たしかに日本は100Vの国なんで、向うからもってきたら変圧しなくちゃならないんでしょうが)電圧上げても、あんな音しませんでした。
私的には、やはりあの音はエコープレックスとイコライザーによるゲインブーストに肝があるのでは?っていまだに思ってます。それとエドの力一杯のピッキングね!曲中で彼が投げたピックを幸運にも拾った人に見せてもらったんですが
ほんと数分でみごとにエッジが擦れて無くなってました!たしかフェンダーのミディアムだったと思います。

私もブラウンサウンドって、エドが言い出したのは1980年初頭のころから
だと思います。たしかロッキンオンからだったとおもいますが7人のギタリスト
のインタビュー本(他にはリッチーブラックモア、ブライアンメイ、マイケルシェンカー、ジェフベック、ジミーペイジ、あと一人誰だったっけ?故 南伸坊さんがイラスト書いてました)が出てて、そのインタビューでけっこう詳しく
エドがブラウンサウンドについて語ってました(Beat itのソロを無償で弾いたこと、マイケルが無料でダンス教えてくれたらイイや、なんて彼らしい発言もありました、やはり1982~3年頃ですね)うろ覚えなんですが、彼が思うブラウンサウンドとは、AMラジオのボリュームを上げて音楽を聴いても、全然ナイスじゃ無いけどハイファイステレオだったらフルテンで聴いても素晴らしい。金属同士をたたいたら耳に痛いけど、木材同士なら耳に優しい良い音がする。要は心に響く良い音、それがブラウンサウンドなんだ。5150じゃあない人にはわからないだろうなあ、なんて言ってました。
実は私の友人で、デビュー前からエドの追っかけをやってて、後にヌーノベッテンコートのギターテックにまでなった人がいるんですが(名前は伏せときます)
その彼が言うのに、エドワードはほんと純粋なイイ奴らしく(サミーへイガーと組んでからは知らないけど、なんて言ってましたが 苦笑)彼のあのサウンドの最大の秘密は、あのピュアなハートにあるんだって、いつも言ってました。

また投稿させていただきますね。  TAKE
 

Dirty Boy

 投稿者:ぴい  投稿日:2010年 6月20日(日)15時39分6秒
  ご無沙汰しておりましたm(__)m 最近研究がおろそかになっております↘

Dirty Boy見てみました。
「10本の真空管、5つのトランス、可変のバイアスとVariac」と、
いかにもアンプおたくが作りそうなアンプですね。
いいメーカーだと思いますよ。彼らいい音を追求していて、純粋にギターやアンプが大好きって感じで。
商売の方はどうなんだか分からないけど。。。

TAKEさん初来日行ったんですね。うらやましい!
僕は79年2度目の武道館での一番安い席だったので、音が全然分からなかったです・・・。
初来日のときの海賊盤を聞くと、たしかにEQを通した感じがします。
Liveでもアルバムでもデモ版でも、ギターのボリュームを絞ったとき、
かなりヒスノイズがしているので、うーん、多分EQでブーストしてると思うんだけど・・・
分かりません。
マーシャル直だとギターのボリュームを絞るとあんなにシーシー言わないし、とっても綺麗な音です。

しましまさん、いつもありがとうございます。本人がブラウンって言い出したのは、
多分1984年頃からと思います。
僕は圧倒的に1stの音が好きで、威厳があってあたたかくて、きらめていて、
あれから30年以上経ってもあの音にお目にかかったことはないです。
Eruptionとかホントに闇の中で火山が噴火している感じがします。
最後の音程が下がっていくとこなんか、地底に落ちていく感じで。
 

大変失礼しました!

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 6月17日(木)20時07分28秒
  TAKEさんへ

大変に申し訳ございません! 僕観るの間違えてました、Dirty Boyアンプですね。
ごめんなさい! 僕BUZZY BOYってペダルの動画観てました。どうりでFazzyなハズですよ
失礼な事申し上げてしまい、穴があったら入りたい気分です、本当にごめんなさい!

スタックタイプのヘッドですね、はい確かにこれは良いです! プレキシ風の音だし.. ボグナーとかの改造マーシャル系よりもビンテージ感があります。ちょっと倍音系ですね、Line6のヴァリアックモードの時っぽい音ですね HP上のサンプルではエコーが深すぎるので判りにくいですが、いやぁ 大変に失礼しました お詫びして訂正致します。 でもこれ高そうですね こんなに上等なのでなくてもClass5とか2061とかHAZE40とかでもPUとマーシャル系の安い物やモデリングでも充分に迫れます、前回書いたやり方で頑張ってみてくださいね。
安くいく時の必殺技は90年代に出てたParkという卓上がいいですよ 中古しかないし安モノですけど同時期のマーシャルの卓上よりもビンテージ感バリバリでいいんですよコレが、
ぴいさんには必殺の67があるので..。
 

EQでのミッドブースト

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 6月17日(木)13時29分46秒
  ぴいさんへ

BOSSの10バンドを使っての珍しい実験
http://www.youtube.com/watch?v=GYc87akrMIw

この人以前仰ってたありとあらゆる物試してるお金持ちの方でしたっけ?
でも確かにEQでのミッドブーストは効いてますね、主観ですがEQをつける前の音はぴいさんが上げて下さってるEruptionの時の音っぽいです、まぁぴいさんは音の太いPlus使われてるのであれだとEQブーストは要らないかとは思いますが..。

TAKEさんへ
Scorpionは私が聴いた音源ではちょっと音が細く 細かい倍音がついてる感じでしたので此方もミッドブーストされたらいいかと思いました、ブライアン・メイの件ですが 彼はフェイズアウトサウンドを操る事で有名な方ですよね、エディも初期はフェイズ90を効かせてたのでフェイズアウト気味に聴こえたのかもしれませんね。

ブラウンサウンドって難しですよね 僕がこの言葉を聞いたのは93年頃、だからMM+5150の音だと思ってました、現在は個人的には所謂改造マーシャルの感じかと思いますが 初期の音をブラウンサウンドって言う方も少なくなくて リアルタイムのフリークであるお二方のご意見を伺いたいです、この言い方ってデビュー当時から言われてたんですか?

あ、でもPlovalve2は初期のトーンです。
 

TAKEさんへ

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 6月17日(木)02時28分19秒
  リンクのProvalve2聴いて頂けました? Dirty Boyと違うでしょ?

初来日行かれたというのが凄いですね、確かに初期はBOSSの10バンド若しくはMXRの6バンド
入れてましたから 現場でその音を聴かれた方に言うのも大変失礼ですよね、ごめんなさい。

此方のぴいさんは67年のプレキシをお持ちの方なのでそれだけでもかなりアドバンテージあるんですが、やはりエディの音は直で作るのがミソです、この頃はPAF系はブティック物も含めると大変な数がありますので好みのPAF系をマーシャルの卓上でもいいので直で入れてEQを全開しにてみてください お使いのScorpionは必要にして充分過ぎるほどのアンプですが Class5なんかでも充分ですよ、例えばEVHレプリカPU→Class5でもバッチリ出ます レプリカPUはかなりパワーがありますのでブースターは入れたも同然ですので.. 僕はダンカンの78ですが1959のモデリングでもブースター不要です、こ2つのPUはマーシャルのEQを全開にした時例のトーンが出るようになっていて EQを全開以外にした時はあのトーンになりません。エディが自分のアンプを全開にした時あの音になるようにしつらえてあるんです、ですのでなるべく直→アンプEQ全開で例のトーンになるように工夫してみてください するとボディ材はアッシュじゃないと駄目だとか判ってきます。ぴいさんは67があるのでプレキシ風のペダルはなかなか気に入ってくれません おまけにエコープレックスEP-3やBOSSの10バンド、MXRの6バンドもビンテージのフェイズ90もお持ちの方なので..。
 

なるほど

 投稿者:TAKEメール  投稿日:2010年 6月17日(木)01時03分28秒
  しましまさん
お返事ありがとうございます!

なるほど、too fazy ですか......。
私はまだまだ、耳が甘いですね 苦笑

ただ、初来日を万博ホール(確かそうだったと思います)で見た時
思ったことは、マーシャルのスーパーリード100をイコライザーでゲインアップしてるなあ、って感じたんです。以来エドをコピーするときはフルテンでは無いけど、アップしたアンプをブースターでプッシュする方法を使ってます。
皆様異論はあるかと思いますが、エドの音って私の耳には音の成分としてですが、ブライアンメイに近い物(特にLIVEの音)を感じるんです。

という、私の感性でDirtyBoyがいいなあって思ったんですね。
HPでいろいろ見てると、バイアス調整なんかもパネルでできるみたいだし
使い勝手が良さそうにも思います。LAに友人がいますので、がんばって手に入れようかなとも思ってます。(円高だし、むこうで直で買うと安いですよ)

また報告しますね。
 

ペダルなら

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 6月16日(水)02時00分22秒
  TAKEさんはじめまして!
DirtyBoy聴いてみましたけど 失礼ながらToo Fazy!ですね ペダルだけでブラウンサウンドでしたらLovepedal のProvalve2が最強でしょうね 今の所は..。
イージーに出すなら EVHブランドのレプリカPU→アンプ直若しくはPAF系→アンプ直です、アンプを上げるのが肝心!です。

Provalve2
://proguitarshop.com/store/effects-overdrive-pedals-c-602_6/lovepedal-provalve-2-p-1519
 

Dirty Boy

 投稿者:TAKEメール  投稿日:2010年 6月14日(月)23時44分13秒
  いつも、楽しく拝見しています!

私は、某音楽スクールでギターを教えてます。1960年生まれですから
エドとはほぼ同世代、来日公演もリアルタイムで経験、以来日々ブラウン
サウンドを探求しつつ、もう30年以上 苦笑 になります。

日頃は、LINE6のFlextoneⅢでお茶を濁してますが 笑 本気の時は
Mojaveってメーカーの(イケベが入れてましたが、ヤメちゃいました 泣)
Scorpionという50WPlexiのクローンアンプに、COT50をエンハンサー代わりに
使い、Fulltoneのテープエコーにつないで使ってます。
このMojaveってメーカー、けっこう面倒見が好くって
購入時、メール登録してたら、何ヶ月かに一度ですが『調子いいっすか?(もちろん英語ですが)』とか新製品の案内とかメールしてくれてます。

このメーカーの最近の製品で DirtyBoyってのがあるんですが
これが凄く良いですね!HPやYouTubeでサウンドを聴けますので、皆様ぜひ
聴いてみてください!5150Ⅲも良いんですが、あれはやはり現在のエドの
サウンドを基に考えられてるように思います。初期のサウンドにこだわるなら
ぜひ!DirtyBoyをご検討されては如何でしょうか。
 

初期サウンドから学んだこと

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 3月30日(火)20時33分42秒
  エディを弾いて10年以上経ちました、自分なりに目的を持ってエディにトライして沢山の事を学びました 初期サウンドについて現在感じている事を書きたいと思います。

エディのマーシャルの不思議な音

①歪んでいるようでクリーンな所
現在ではプレキシマーシャルはクランチ程度の歪みと言われるが このゲインレベルは強く弾くと歪み、弱く弾くとクリーンになる ピッキングで歪みをコントロールできる、1PU 1Volでやっていると結局この技術を使うようになってしまう。
②ゲインレベルの割りにサステインが異様に長い事
音量によるフィードバック効果でサステインが長いとみている。
③ストックのマーシャルよりもよく歪んだ感じがする
倍音構成にあると思う、推測だが 奇数倍音を多く出力する事でぱっと聴き歪が強い感じになるのでは? VOX等奇数倍音をよく出力するアンプは実際のゲインレベルよりも聴感上歪んでいる様に聴こえる、この技術は現在ではPUやギター作りに意図的に用いられている場合がある、マーシャルはVOXよりはハイゲインではあるがモデルになったFender Bassmanアンプもまたクランチの代名詞的アンプであり VOXとはまた違う感じで倍音をよく吐くアンプである。ハイワットアンプはマーシャルとほぼ同じ真空管を使っているが当時の楽器用アンプとしてはかなりオーディオ的発想で作られており(当時の楽器用としては歪率が低い方だと思います)比べると如何にマーシャルが"お下劣"か判るような気がします(参考=ZEPのBBCライヴ盤 A面VOX+ファズ B面ハイワット){アンプ内部を微妙にモデファイしてるのはほぼ間違いないと思うが、自分ならネガティヴ・フィードバック回路で抑制されている歪率(倍音構成をいじるのとほぼ同義)を好みの感じにモデファイできると思うのですが..}
④ヴァリアックの事
上げてたか下げてたかもありますが、その事よりも回路に安定したエネルギーを送る事が重要なのでは?

といった所でしょうか.. しかしながら1st前に作られたジーン・シモンズのデモと比べて1stはかなり音が違いますよね やはりレコーディング技術もあるのではと思います。あとやっぱりエディという人は耳のいい人なんだなぁって思います 弾く技術や機材の技術もありますけど多分あの人は全部"感覚"でやってるんだと思います 一番学んだのは"感覚的に"音楽する事です。だけどあの人ってボクらが思うよりもずっとシンプルに"考えずに感じてた"んじゃないでしょうか?
 

倍音2

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 3月22日(月)20時45分11秒
  前回お話したブラス製ジョイントプレートを付けてみました、2mm 3mmとあるんですが3mmの方が違いが判りやすいという事で3mmを付けました。結論としては今回の自分のギターに限っては良い方向に音が変わりましてまあ上手くいきました、メーカー側の説明では倍音の付加 3mmは巻弦のエネルギーをしっかり受け止め厚みによる質量でサステイン増加.. みたいな感じで、付けた方々のレポ等も読み 多くの人が巻弦のブライト感の増加 サステイン 生鳴りの変化を挙げていますが高音系の変わり方についてはあまり言及していません。

自分の感想ですが、確かにメーカーの宣伝通りの傾向に変化するんですけど元がオーダー物なので劇的に変わる!とまではいきませんでした。自分のギターは倍音の付き方がシンプル過ぎて味気もへったくれも無い事にあったのですが この部分に関しては良い方向に行きました。

具体的には6弦に♭7thの倍音が、5弦にM3rd 4弦にM3rdが明らかに付きました(弦はどれも開放弦)勿論プレーン弦にも付きますが 巻弦の方が聴き取り易いので.. まあ全体的には奇数倍音がよく付き全体的に明るい音像に変化しました。正直此処までは期待してなかったので嬉しい誤算でもあり、チューニングも普通440hzの半音下げやレギュラーでこの倍音が付くので微妙なピッチ(441~445hzとか)にする必要がなく有難い方向にいきました。

ただこの手の物は"得る物もあるが捨てる物もある"訳です、この商品は"得る物"の方が多いと思いますが一応"失ったかも?" と思う事も書いておきます。

1、バネを駆使して苦労して出したミッドレンジですがプレートにより倍音が整理された為かやや薄くなった     (多分太くなった部分は微妙にモコっていたのだがプレートにより整理された為と思われる)→EQを上げずにゲインvolを少し上げればOK
2、3mmプレートは厚みがある為かボディ鳴りが微妙に喰われた
  音に芯があり過ぎる部分は消えた(想定内で狙い通りです)
3、上記と似ているがボディ鳴りの深みが少し喰われた

3については金属の質量によって鳴りがやや喰われたとみているので2mmのプレートにしてみようと思います、2mmでも倍音の付き方の傾向は同じだと思うので薄くして失った部分が微妙にでも戻ってきてくれればラッキーかな?って感じです。

今回はマーシャルのプレキシっぽい音で目を付けた3つのペダルのサンプル貼っときます、
プレートが無かったら倍音を足すべく使ったかもしれないんですが今回は必要無くなりました、どれも倍音の付き方が違うので面白いかと..。
www.youtube.com/watch?v=ZxRLlKVKH7U
www.youtube.com/watch?v=90TaxN8PTXA&feature=related
www.youtube.com/watch?v=go-ilMukOT4
倍音をよく吐く順に並べてみました 下に行く程よく吐きます(僕の耳にはそう聴こえますが如何でしょう?)
 

ミッドレンジ 倍音

 投稿者:しましま  投稿日:2010年 3月11日(木)03時31分58秒
  当サイトの趣旨から外れますが エディサウンドに拘る皆様にも役に立つと思いますので書かせて頂きます。

作ったギターと格闘中です ミッドレンジ不足はシャーラーの裏バネを3本(小の字掛け)でなんとか出しましたがボクの感じるミッドレンジ(500hz近辺)よりやや上のほう(700~900hz辺りかな?)にやや薄さが残っていました、それでWolfgang用のバネでハイの鳴りが変わるのを思い出してプレーン側を1本だけ変えたら感触が良くなりほぼ解決しました。以前書きましたがローミッド ハイミッドってやつですか.. 周波数的には判りませんが500~2khz辺りですかねぇ 500hzの2次倍音(1khz)600(1.2khz)700(1.4khz)800(1.6khz)900(1.8khz)と言った所でしょうか.. ホントかどうか判りませんが一般的にワウを踏み込んだ時にブーストされるのが1.6~1.8khzと聞いたことがあります、所謂半止めは800hzがらみとも聞いたことがあるので今の認識ではハイミッドというのはこの辺りかな? なんて思います。ミッドレンジは難しいですねぇ..。

倍音ですがギターだと例えば6弦開放Eを出してサステインノートを良く聴くとEと違うノートが聴こえます、ナチュラルポイントと関連させるとM3 5th ♭7th、9thが聴こえる時もあります。エディ系PUやアンプではどの音も良く出ますが今回は違いますので聴いてみますとEの場合2倍音や4倍音(どれもEです)と5度の倍音(Eの場合B)がやや聴こえるだけでした。これですと所謂パワーコードの響き(つまりは実音系)ですので良く言えば余分な倍音が無くすっきりした音(一般的には速弾き等に向くとされることが多い)ですがボクには面白くもへったくれもない音です。チューニングを440hzA♭から441~445hzまでとレギュラー440Aから441~445までずらして聴いてみますとA445辺りからM3th ♭7thの倍音が出てきます 半音上にずれると大変良くなりますがこれではやり難いので例えばノートを長く伸ばす時等にタッピングハーモニクスでM3thの音をコーンと叩いて足すような奏法を使っています、これは全てのノートにいちいち付けてられないので最後のとことかですね 例えばUSフェスの時エディはSomebodyのブレイク時にピッキングハーモニクスでM3thのハーモニクスを出しています これは正確にはピンチハーモニクスですね あれはダイヴァーダウンツアーですからエディの嫌いなDancing in the streetのイントロやThe full bag の最後のほうとかでも良くやっています。サミー期でしたらRight nowのイントロでM3th ソロ導入部でピンチでmajアルペジオの構成音を出したりとかでしょうか.. ぴいさんはお気づきかと思いますがボクはオーヴァートーンマニアですので はい。

バネは今はESPが2タイプのレンジに効く物を出してますしカラハム(だったかな?)も調整用のバネを出してます、後どこのメーカーか忘れましたが金属の粒(ボタン電池状の形)をヘッドやブリッジ、スプリングハンガーにつけて音を変えるようなのもありました。ボクはジョイントプレートをブラス製のに変えてみようと思います、金属パーツは割と上か下に効果が出ることが多いと思いますが(ペグ ビッグブロックとか)ミッドに効くのはバネ位ですね 高い倍音はもう現状では弦メーカー換え位しか思いつきません 後はハーモニクス系のプレイを多用して鳴り癖をつけるしかないですねぇ.. ボディやネックを作り直すと高いのであがきまくってやろうと思っています。

最後にポールギルバートさんがハング・エム・ハイ(Last night)のピッキングについて触れていた映像があったので貼っときます ぴいさんのお好きな曲なのでお役に立てれば幸いです。

www.youtube.com/watch?v=36DA61lAApE
 

☆賀正 ☆

 投稿者:des2  投稿日:2010年 1月 1日(金)09時24分59秒
  あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

http://des2.web.fc2.com/hakaishin.html

 

ぴいさん

 投稿者:des2  投稿日:2009年12月31日(木)14時41分57秒
  今年も色々と有難う御座いました。
来年もよろしくdes!!

http://des2.web.fc2.com/hakaishin.html

 

古川さんの

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年12月12日(土)01時43分31秒
  へえ~、こんなサイトがあるんですね。ありがとうございます。
さすがにうまいですねぇ。やっぱプロは違いますね^^
僕もミディアムスケール派なので、DG工房さんのサイトで古川モデルを知りました。
アームを使っても、弦を引っ張るとかせず、何もしなくてもチューニングが安定してるし、
きっと良く出来たギターなんでしょうね。

歪みについては、エフェクターで歪ませてると思うんだけど。
僕もアルダーの普通のストラト持ってますが(PUはHS-3ですけど)、
マーシャル直だとあの動画のような粘りのある音は出なくて、
いかにもシングルコイルの音(ジョリジョリ)になります…。

あっ、エディの音とは比べ物にならないですよ。それとマイク1本で小音量・近距離から録音すると、音はクリアで硬くなりますから、生耳で聞こえる音とは全く違います。この状態の生音はイマイチです。なのでミキサーからのヘッドフォンで聞いています。
やっぱりマーシャルはアッテネーターなしでフルテンでないと、良さがでないです。
 

サウンドについて

 投稿者:通りすがりです  投稿日:2009年12月 7日(月)07時43分53秒
  ぴいさん、はじめまして。
ぴいさんのサウンドサンプルを聞いて大変関心しています。
エディーのサウンドよりもいいように感じます。それをぴいさんは
生で聞いてるわけですから、さぞかし、しびれる音なんでしょうね。
イラプションも最高ですね。なにかあれば機材等是非ご教授願います。

ちなみにパープルエクスプレスの古川さんもエディーをコピーしてました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~hiropy/index.htm
これってシングルピックアップのストラトに見えるのですが、こんな
音がどうやってでるのか不思議です。

それではまた
 

フェイズ90 2

 投稿者:しましま  投稿日:2009年12月 6日(日)21時03分7秒
  レスありがとうございます、ボクは旧いタイプの方を持ってないんですが、旧い方は一番Speedを遅くすると7時位なんですよね? EVHのは一番絞ると6時強位になります。旧いのをお持ちの方々は左いっぱいまで絞れば..みたいな書き方をされる場合が多いんで..。ボクが1stのCDでフェイザーが判らなかったのは単純にフェイザーでどんな音になるかを知らなかったからです(自分で買ってからでも判るのは2ndのyou're no goodのソロの出だしだけ)ただこの7時位置ですが Speedを遅くしても完全に半止めになるワウと違い機械的には"揺れ"が掛かっているので正確に言えば踏んで暫くかけっぱで弾いていると掛かる周波数帯がズレてきます。後ボクが卓上レベルの音量でやっているので判り難かったというのもあります、実際テストした時は音量を上げ気味にしてやりましたので、本物かどうかよく判りませんが1984位の時期のアウトテイクをyoutubeで聴いたんですけどエディは練習の時かなり強くかけて練習してました(弾き方はエディそのもの)

ボクもエディ風の音とかそれ以外でも特定の目指すサウンドが無ければアルダーは大好きです、今回は見た目はともかく音としては多くのジャンルに合う多用途性のある音というイメージで作りました、そういう訳でPUはダンカン59みたいな傾向(万能系)で考えていて目指す所は"割と中庸な音"です。Air Classicはディマジオ嫌いのダンカン好きのボクとしてはギャンブルでしたがハッキリ言って"当たり"でした、ディマジオでは最もローパワーな類で比較サイト等では酷評されているところもありますが、ボクにとってこれはディマジオが作った59ですね この2大リプレイスは影響しあってる感があり、59→PAF Pro Air Classicとかスーパーディストーション→ディストーション JBとかJB→Tone Zone、Tone Zone→カスタム5とかかなり影響を受け合ってる気がします。ダンカン好きのボクがディマジオの最も苦手な所は"自然じゃない所"もっと言えばEQやコンプで加工した感じがする という所ですが、Air classicはディマジオで言えば自然な方だし反応も良い方です(ディマジオはダンカンよりもクリップの飽和点が高めに作ってあってダンカンだと潰れてしまう所より少し強く歪をかけた所で性能を出す、歪が強い所では微妙なニュアンスは強くない方が音が荒れない)最近はディマジオもビンテージ系に力を入れてるみたいでPAF36thみたいなまあまあのを作る様にになって来てるかな?と思います、昔からのPAFはボクからするとPAFっぽくないですけど
PAFは個体差がありすぎてどれが本当のPAFの音か?というのはボク等の世代にはわからないわけでリプレイスのPAF系も沢山ありますしどれも元になったPAFがあるんでしょうけど判らないのでPAF系から好みのやつをみつけてその音をPAFっぽいとか言ってるわけです。

アルダーSTにハム+フロイドではやはりLA位の時期の人が多いかもしれません 今回ボクは
誰かをモデルにしたというよりは音的に偏りの無い万能な1本という感じでしょうか..。
ミッドレンジ不足は初めは頭を抱えてしまいPU交換も考えました、でも電気的にはあまりやりたくなかったので以前お話したシャーラーの裏バネを入れた所かなり効きましてEQブーストもほぼ必要なくなりかろうじて許せる範囲にきました。FRT用の裏バネはそのままシンクロにも使えるのでぴいさんには紹介しておきます S-FRT-2 Tremolo Parts no.37800という型番ですがこれは楽器屋店頭等でシャーラーの"旧タイプ"で判る人には判ります。(現在は現行シャーラーFRT用純正があるのでかなり少なくなってます)効果は以前書いた感じでミッドレンジが出るようになります、ボクのアッシュのえせに付けた感じではハイがマイルドになりミッドレンジが出るといった感じです。ただこういう物は"得る物もあるが捨てる物もある"といった類の物ですので必要であれば という感じですが.. PUでしたら57classic Plusをお気に入りのぴいさんですが ボクはギブソンならバーストバッカー2がお勧めです。
 

フェイズ90

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年12月 6日(日)00時44分39秒
  フェイズ90のつまみの位置は多分一番左7時の位置だと思います。
実際そうしてみると一番「らしい」感じがします。
トレブルブースターにはなりませんが、エディの言う「切り込んでいくような感じ」にはなります。

イコライザーは、僕もまだよく分かりません。エディを真似てBOSSとMXRを持ってますが、
なにせ古いので通すだけで音が劣化するし、フットスイッチがないので使いにくいんですよ。

オーダーギターですが、材はアルダーでしたよね。
ストラト(シングルコイル)の場合、僕はアルダーが一番好きです。
ハムバッカーのアルダーは試したことがないのですが、
最も人気がある材なので、プロのギタリストでは結構いるのでは?
 

フェイズ90 ミッドレンジ

 投稿者:しましま  投稿日:2009年11月22日(日)21時30分5秒
  自分のフェイズ90はEVHブランドの物で、ぴいさんがメインページで紹介してくださったのを読んで買いました。VHの初期(特に1stのソロ)に掛かっているというのは本当によくききます、でも正直ボクはCDだとよく判りませんでした。買った時インプレは書いたもののエディの発言にある"トレブルブースター効果"はよく判りませんでした 一応マニュアルに"エディはココ"みたいな図があり(9時位の位置)取り敢えずそこで使い続けてました、でも此方のメインページや写真等では7時位?の位置が多く その位置にしても効果がよく判りませんでした。仕方ないので電気的な仕組みを勉強したりしてみると フェイザーはワウと似た感じの音色になるエフェクト、というのが判ってきました。実際Speedを速くしてみるとオートワウみたいな感じにもなるし(1時~3時位) 10時~12時位だとコーラスがかってる様な気もします(所謂これが電気的に作ったレズリーの音?)買って何年経ったでしょうか? つまりワウと似てるなら特定の周波数に効果が掛かる(所謂半止め系?)だろうという事で 6時~10時位にして音の変化を聴きました、Speedを上げていくと確かに低域から高域まで効果がかかる帯域が変化します、指板の色々な位置で弾きながらやっていくと確かにトレブルブーストされたと言ってもいい所があります、EVHブランドとMXRの旧い物は微妙に違いがあるそうですが 自分のだと7時8時位が確かにそういう音になります。ただ難しくてこの位置は5~10F辺りはそうなるのですが12F以上に効果を掛けようとするとやはりマニュアルの推奨位置位ですね 難しい物です、ソロは割りとハイフレットが多いのでどうでしょうか?(因みにボクはワウが大嫌いで、俗に言う半止めも大嫌いです)ただ正確にはワウと少々違いますし 独特のシュワシュワ感は好きなのでフェイザーは嫌いではありません(許容範囲ギリギリですが)

ミッドレンジですが、ボクは宅録等しないのでエンジニア的な知識はありません、VHに限らず音楽を聴く時自分がトレブルが利いてる、又は無いみたいに感じるのはまず間違いなく1khz辺りです、またボクが感じるミッドレンジ感というのは500hz辺りです(幅を取って400~600hz辺り)これには単純な理由があって、フェンダーのクラプトンモデルのミッドブースターが500hz辺りを+25dbできるという知識から来ています。ボクが言うミッドレンジはまさにフェンダーのブースターでコントロールできる所だからです。"辺り"というのがミソですが..。 しかしながらエンジニアさんや宅録等で言うミッドレンジは400hz~1.6khz辺りらしいんですね、ローミッド ハイミッドなる言葉もよくききますが、正確に周波数で言うどこら辺なのかハッキリ言って判りません。ボクはアンプのEQしか使ったことなくてGEQやPMEQ、MTRも使った事無いので.. 自分の経験がもろに反映してます。ボクの言うトレブルはほぼ1khz辺りの事で それ以上をプレゼンスと感じていました。アンプについてるEQも物によって利き方が違うのは知っていましたので単純に"難しいなぁ、奥が深いなぁ"となるばかりです。PCで使っているフリーのプレーヤーには簡単なDSPプリセットがあって元音源が気に食わない時に使ってみたり修正したりしてたので1khz辺りというのはそれで判ってきたんですけど..。

オーダーギター上がってきました、結論から言えば10点満点で言えば4点でした 材選択やパーツ選びは間違えてないと思うんですが、ボディが軽すぎる仕上がりとなってしまい まさに"中域がかなり足りない"仕上がりになりました。当然今まで買ったどの物よりも高かったのでかなり悔しい結果となってしまいました。
 

フィードバック

 投稿者:しましま  投稿日:2009年10月23日(金)00時05分25秒
  レスありがとうございます。前回書いた後思ったのですが、NAMMのエディのデモ演ではやはり5150アンプが持つ軟らかさもかなり効いていたと思います(勿論本体も倍音豊かな軟らかいハイがある)
マーシャルに繋ぐとやはり硬い感じが出てきててなかなかのエディ感ですね。83年頃のステージ映像を髣髴とさせる"硬さ"が出てます やっぱマーシャルですね。

3本指持ちは親指が後方に反らない方でもできると思いますよ フツー持ちでも要は"アングルが平行気味"になればトーンが変わりますので順アングルがキツめの持ち方をする人にはお勧めです(多分エディ感が出ます)エディ的な所を狙うのであれば何も逆アンにまでする事はないと思います。ぴいさんが既に平行持ちの方でしたら必要はないのですけど.. その場合はやや先端を多めに出して"ハジき"を入れるといいと思います、"ハジき"の感じはこれでアップピッキングを沢山すると感じが掴めると思います。トレモロピッキングまでしなくても先端を多めに出して平行気味のアングルでゆっくりとアップピッキング(1音で充分ですが3音位でもOK 速く弾く必要はないです)フェンダーミディアムでしたらティアドロップ型なのでホームベース型に慣れた人達からするとコントロールし難いかもしれませんが気楽に時間を掛けてやれば必ずできる様になると思います、ぴいさんの様に上手な方なら時間の問題でしょう。ちなみに他の持ち方ですと"つまみ系"(クラプトンとか)"なで系"(イングウェイ)とかありますね、スイープ弾きをマスターしてらっしゃる方だとスイープ時のみ平行とか(ボクはできません)


YRGMではやはりネックはデストロイヤーですよね、あの厚みのあるミッドレンジはフランケンではななかに難しい物です、ぴいさんの様に1stサウンドに拘る方であればフランケンかデストロイヤーかどっちかに絞って音作りするのも必要かと思います。厳密に言えばどの曲も音が違いますから.. フランケンの3曲、Eruption Ain't~ I'm the one、歪具合も音の太さも(EQですかね..)違いますよね、デストロイヤー YRGM Feel your~ On fireも同様です。 ですのでステージのトーンの方が比較的的が絞りやすいんですけど..

そうですね、フィードバックは音量を出さないと生じないので仰るとおりだと思います。
 

レプリカPU

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年10月22日(木)22時13分52秒
  仕事が結構忙しくて久々になってしまいました^^;
レプリカPUの情報ありがとうございます。パワーはある感じですね。
Youtubeの2番目のbmf5150氏はVH関係のフォーラムでよく出てくる人で、
どうもお金があるみたく、ありとあらゆるものを試してるみたいです。
お金がない僕はFender Mediumを2枚(210円)買ってきました!

1stアルバムだとYRGMのソロの最後とか多くの箇所でフィードバックしてるんですが、あれだけは音量がデカくないと出来ないんですよね。あれが再現できないと歪んでいても、空気感とか音の壁のような感じが出ないんです。
 

レプリカPU

 投稿者:しましま  投稿日:2009年10月14日(水)06時05分20秒
  発売から割と時間掛かりましたがyoutubeにレプリカPU+マーシャルの音源が上がってきました。一応気がついた限りでは
www.youtube.com/watch?v=9YpBXnjo4OA(アンプはマーシャルかどうかは?ですが多分マーシャル系リヴァーヴ深すぎ)
www.youtube.com/watch?v=GYc87akrMIw
www.youtube.com/watch?v=qcNDp3P0xzI
辺りですね、やっぱり78のサウンドをかなり鋭くシャープにパワーアップさせた感じの印象です。音の感じはまさにエディの音ですね、ただやはりかなりのパワー感(ある種のドギツさ)が感じられます。弱めのマグネットのせいか聴感上は14kΩって程でもないですけど10~12kΩ位はあるなぁ..って感じですね。まあ許せる範囲内です、これは使ってるギター(材とか塗装の感じ)によってはパワー感をやや殺せると思いました。フランケンはアッシュ(多分ホワイトアッシュ)ですがそれがアルダーだったりライトアッシュやバスウッドなんか(多分マホ系でもJBみたくかなりトレブルがきく)と思います。またアッシュ系でも塗装が分厚くて材のキャラクターがあまり出てないやつとかなら逆にブライト感が出たりしていいと思います、それからマーシャルがモダンなタイプでビンテージ風のニュアンスが出難いとか、状態があまり良くなかったり、卓上でMSの雰囲気しか出てないやつとかならエディサウンドにも持っていけるのでは?と思います。ぴいさんのようなコアなフリークならなんと言ってもPUパワーでビンテージに対して歪やサステイン、ハーモニクスの出を良く出来ると思います(ビンテージのMSそのまままだと出にくかった歪やサステイン、ハーモニクスですね、つまりストックのビンテージにつないでもいけるのでは?)ただボクのえせとかみたいにある程度作りこんだボディですとちょっとドギツイ位になるかも.. 値段も思ったより安いし良いんじゃないですか? Plusの方が良ければまた転がしておけば..
 

ピック4

 投稿者:しましま  投稿日:2009年10月 8日(木)21時17分48秒
  クレイトン(0.45 0.38)テスト終了しました、0.38はやっぱり軟らかすぎで腰砕けな感じですね。0.45はなかなかでした ボクにとってはコレ位が軟らかくする限界です、音は明るくつやもあっていいですよ フェンダーミディアム、トーテックス0.6 クレイトン0.56 0.45ですね。クレイトンの2つだとエディ感も結構出ます、もしクレイトンが鼈甲に近い音なら鼈甲はエディ感も出ると思います。 あの、ボクギターはじめた頃は軟らかいピックが苦手でした こういうのは15年ぶり位でしたけどなんか上達するに従ってピックが軟らかい方に行ってます、なんでかな?と思ったらやっぱ最初の頃はひっかけて弾いてたんだなーって思いました。よく初心者向けでは軟らかい方が..なんて書いてありますけどボクは駄目でした ひっかけ弾きだったからだと思います。 なんとなくクレイトンは上品な音ですね フェンダーミディアムは悪く言えば下品かな.. 本当は0.45と0.56の中間位がいいですけど クレイトンは丈夫そう(減りが少なそう)なんで気楽にやりたい時はいいですね。適度な"エディっぽさ"もありますし 僕の場合0.56だとやや硬いのでフォームが変わってしまう(ちょっと力んだ感じになる)為気楽に行きたい時向きです。エディを意識せずにフェンダーミディアムに行ってたのはラッキーでした。トーテックッスも使い方によっては良いと思います。  

ピック3

 投稿者:しましま  投稿日:2009年10月 2日(金)22時16分59秒
  クレイトンのつもりが間違えてトーテックスを買ってしまったのでいい機会だと思ってフェンダーのThin(鼈甲風セルロイド)とクレイトン(0.56)も買って弾き比べてみました。こういうのは15年ぶり位です、個人的な感想ですが.. トーテックス0.6は結構生々しい音がしました、フェンダーミディアムより軟らかいのでしなりのトーンですけどちょとドライ感が強い感じです.. コレ弾いてフェンダーミディアムには明るいつやがあるんだと思いました。フェンダーのThinはコレよりもさらに軟らかくてちょっと腰砕けというか芯が無い感じがします 使い用によっては良いかも 結構気に入りました。クレイトンはフェンダーミディアムより薄いですが硬いです、フェンダーとは違った感じに明るいしつやもありますねぇ 昔は薄くて硬いのが無くてしなりを殺して弾く弾き方をしてバランスを取ったんですけど.. 明るくて爽やかな音です、クセが無くていいですね コレ、本物の鼈甲に近い音がするらしいんですけどボクは本物の鼈甲ピックは使ったこと無いのでよく判らないです。でも0.56だとちょっと硬いなぁ.. と思いながら小1時間程弾いてたらコツがわかってきてしならせるとスゴク良い音がします スゴイなコレ.. 改めてフェンダーミディアムの音も再認識できました。
後で調べたらこの下に0.45 0.38もあるとわかったのでまた機会を見てやってみます。
クレイトンもトーテックスも減らないというのも売りみたいなんですが、トーテックスは3時間位気合入れて弾いたらあれれ.. みたいな クレイトンは丈夫そうです。
 

リッチー

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 9月23日(水)02時15分34秒
  なるほど、そうですか アップしていただいた音源もそのメインギターの音なんですね。
ボクは44年生まれです、ギターをはじめたのは14歳ですがその時リッチーさんはもうレインボーをやってました。今40代後半~50代の辺りの方々はリッチーに憧れた人達が多いんだなと思います、ボクにとっては3大ギタリストもリッチーも"ちょっと前"の音楽でした。エディをJUMPのPVではじめて観たという世代です、あの手の弾き方はエディというよりも高崎晃さんで知った世代なんですね。外タレさんならやっぱりちょっと前の音楽でしたけどKISSとかQUEENですね、ハイウェイスターは凄いと思ったけど.. 当然80年代的速弾き挫折組です(^^) 当時はマイケル・シェンカーなんかがよく雑誌に載ってました(はじめて弾いたロックのリフがArmed and readyです)

スキャロップは慣れるまでは大変でしょうけど、慣れれば凄く軽く押弦するクセがつけられるのですがボクはスキャロップで自在に指板を駆け回ってビブラート掛けたりとか.. イングウェイは速すぎるとしても単純に凄いなぁって尊敬しちゃいますね、きっとはじめはゆっくり弾くのも難しいと思うので..

ピックについてはなんだかんだ言いながらクレイトンのつもりでトーテックスを買ってきてしまった恥ずかしいわたくし(汗;)です。しかしながらフェンダーミディアムもストックしました(\210-でございます)

ところでマーシャルから3段積みの新しいやつ出ましたね、パワー管は6V6みたいですが..
自分はやっぱ2266Cで頑張ります。6100ですがこれ、今まで使ってきたやつで一番太くて高さがあります(ボクの標準は6105番です)意外と難しいですね、強く押さえるとシャープするし かといってしっかり押さえないとちゃんと発音しないのでやっぱり運指変わりそうです。まあいつも弾いてればいつの間にか変わってると思います、オーダー物は(これも6100)28日に上がってきます。実ははじめの話し合いから1年がかりになってしまいました はい、やり取りしたメ-ルも100通以上です(くたびれました)
 

ピック

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 9月22日(火)23時52分16秒
  はい、ミディアムのがスキャロップです。イングヴェイも聞きました。
彼のデビューアルバムとも言えるAlcatrazのJet to Jet聞いたときは、
ギター辞めたくなりました><。
リッチーはRainbow on Stageの音が好きです。

やっぱミディアムは弦をまたぐようなフレーズの時は弾きにくいですよね…。
ナイロンは大昔のYAMAHAのホームベース型の0.45をたまに使います。
ナイロンは汗で滑らないので結構いいですよ。
 

ピック2

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 9月16日(水)16時36分1秒
  なるほど.. ぴいさんのメインと仰ってたミディアムスケールのSTがスキャロップなんですか? もしかしてイングウェイとか弾かれます?いやリッチーかな? そうですかぁ ボクは6100にして2週間位経ちましたけどやっぱはじめはひっかかるのと音程シャープでしたね スキャロップは物凄く高さのあるフレットつけるのと同じ効果がありますから。今回も無塗装ネックですけどようやく手油が染み込んできたのか滑りが良くなってきました、ピックについてはボクもエディをやるようになった時真剣に悩んだんです それまで弾いてたのはブルース系のペンタトニック1弦2音とかが多かったんですけどエディはそれにダイアトニック1弦3音(所謂リニア系)でかつそれ以前に弾いていたものより速かった為、はじめはフェンダーミディアムだとしなる分ついてこなくて.. ハードにすればついてくるんですけど音がしなりの音でなくなるので本当に悩みました、それで三本指持ちを思いついたんです。速くてピックがついてこなさそうな時にはそのフォームにするとしなりをやや減らせる(ピックが硬くなるのに近い効果)のでそれで"ああ、これでハード要らないや"となりました。要は慣れれば相当速いフレーズでもミディアムで弾けるようになるんですけどそれまではそれでしのぎました、その後は三本持ちの方がエディーっぽいトーンに聴こえるので選択ですね。

ぴいさんがどうやってピックをコントロールしてらっしゃるか判らないですけどEVHブランドのナイロンは確か0.6だったみたいです、ナイロンはボクも使ったこと無いですけど弦離れが良いみたいな事は聞いたことあります。例えば今では定番になってるクレイトンとかも0.7とフェンダーより硬いですね、ボクもいつかは使うかもしれませんがクレイトンだと0.5位で同じ感じがします。

ただ、新しい機材探しの"旅"に出るのは(ピック 弦なんかはトライし易いですよね)実の所歳のせいか性格なのかハッキリ言って"面倒臭い"ので昔からあって使い慣れてるのを買い足しに行くだけなんですよ(汗;) しかしながら機材の進歩は物凄いですから..

機材をあれこれ換えるのも面白いですけどボクはそれだったら弾く方に時間を使いたいです
弾いてるのが好きなので。
 

フレット、ピック

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 9月15日(火)23時23分24秒
  フレットは僕も6100を使ってます。しかもスキャロップにしてるので、フレットはかなり高いです。自分にはそれが一番弾きやすいので。ハーモニクスもやりやすいし。

ピックは色々ためして、理想はFender Midiumなんですが、使いこなせません…。
エディのあのアーティキュレーションには、Fender Midiumですよね。やっぱ。
音の分離、はじける感じ、ギュワンっていう音、スパニッシュフライの感じ。
Fender Midiumだとバッキングもノルし。でもソロになるとどうしてもピックのコントロールができなくて、よく空振りしてしまうんです(凹)。
エディは右親指が逆90度にそるけど、自分はそらないし。なので、普段はべっ甲のホームベース型を使ってます。
 

ピッキング

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 9月10日(木)02時41分43秒
  今日はエディっぽくなる? ピッキングについての自分の経験を書きたいと思います。
エディはあの独特の中指と親指で持つ(特にハミングバード時)やり方が有名ですが、自分の経験ではエディのピッキングはハジく系のピッキングだと思います、リユニオン以降では本人もハミングバード時の手首の角度が一般的な角度になってしまっていますが 自分も中指ー親指はチャレンジしました(10年前位です)でもそれではとても弾けなかったのであれこれやった結果、中指 親指に人差し指を添える様な3本指でやることにしました。それまではよくある順アングルだったんですが この持ち方にするだけでアングルは並行気味になりトーンも変わりました。そしてスナップ良くハジく これが大事だと思います、今では中+親でも結構弾けるようになりましたが これはお勧めです。ボクは今では順、平行、逆アングルどれも使いますが試した結果、人+親2本指でも並行気味が気に入ってやっています。例えばAin't talkin~のイントロ等は逆アンだったりとか.. とにかく色々試して好みのを探すのが良いと思います。ハミングバードを例の持ち方(手首の角度など)でやるのはなかなかうまくなりませんが頑張って練習してます。因みに使用ピックはフェンダーの鼈甲風(セルロイド?)のミディアムです、これはエディとは関係なくグレッチ6120を弾いていた時からそうです 6120は多分エレキギターの類では最も音が硬い部類のギターでこれをミディアムで弾くと若干軟らかくなる(気分程度ですが)のでメイプルがアッシュやバスウッドになっても同じ様に続けてます、このピックは割とどこにでも売ってるのもいい所です。ひいさんはここら辺にはどの様な見解をお持ちですか?
 

帰ってきました

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月27日(木)23時54分3秒
  1/24日からネック交換、PU高さ調整 ボディ塗装の水研ぎ 消耗部品取替え(ジャック ペグ  ポット)に出してた1号機(えせギター)がとうとう戻ってきました。私も仕事が忙しく充分なチェックはこれから.. なんですが仕上がりは大変に良く良かったと思ってます。今回のネックは所有のWolf SPのグリップやRのコピー(と言ってもNC機械ではないので大体の感じですが)指板は400Rになりフレットも6100番になってきました、ネックのせいかボディの水研ぎのせいか若干鳴り方も変わりまして(と言っても微妙な物ですが)まあ上手くいったと思います。ただリペアに出す前から少々感じていたことなんですが なんとなくボディが軽くなったような気がします 元々はアッシュなのでサンディングをしてラッカーで(ニトロじゃないと思います)例のペイント赤い部分は青で作った物ですが6年弾いてて自分が慣れたのかボディの水分が抜けてきたのかなんとなく軽く感じます。今仕事が忙しいので殆ど弾く暇も無くて大変ですが、まずは喜びたいともいます。音出しは充分に出来て無い状況ですが6100番のせいか明らかにタッピングハーモニクスは良く出るようになりました。  

こちらこそ

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月20日(木)21時15分19秒
  des2さん、こちらこそどうぞ宜しく。des2さんのページは以前から拝見させて頂いてました、わたくしも不器用なものでdes2さんの自作の腕前には正直唖然とする他はありません。
des2さんの様に自作することで発見できることも多いと思います エディ本人も自作してたのですから 既にエディ的な発想ですよね、昔本人がMMを持った時点でとうとうエディも高級品を使う様になってしまった なんておっさんのボクは思いました、それ以前は安物でなんとかする!的な感じがあったんですけどね 自作派の方々が集まっていたページにもよくアクセスさせて貰ってて 自作派の皆さんのパーツへの含蓄は大変に深く勉強させて頂いてました。des2さんに掛かれば(5150のあの精巧な冶具!)インレタなんて簡単なんでしょうね ボク等はそれすらも出来ませんので工房さんにお世話になってます。
 

ありがとう御座います。

 投稿者:des2  投稿日:2009年 8月20日(木)18時28分55秒
編集済
  ぴいさん、リンクさせて頂きました。
ありがとう御座います。今後ともよろしくお願い致します。
しましまさん、はじめまして今後ともよろしくおねがい致します。

HPにも書きましたが歪ませた時のJBLのアルニコ独特の音とCELESTIONのGreenbackの
きめ細かな歪みが合いまって歪んでいるのにクリーンな音が出ます。
またアルニコ独特のバラバラとした歪みとGreenbackのきめ細かな歪みと1stの
爆発音に近い音も出てくれます。
JBLの単体ではかなり乾いた音でGreenbackが無ければちょっと痛い感じです。
しかしGreenbackと一緒に鳴らすとドンシャリ系の素晴らしい音になります。
ドンシャリといってもミッドもちゃんと出ているので音が締まったので
そう聞こえるのだと思います。目からウロコです!!(笑)
ぴいさんが「EVH初期のあの歪みは、このコンビネーションキャビネットに
よる要素が大きいのでは、と思う。」と書いていましたがうなずける気がします。

またこのコンビネーションキャビネットにはやはりPUは59が一番マッチします。
59ですが私も古い59を何個も持っていましたが全て音が違います。
音の太い物・ミッドの出るもの・枯れた感じの物と59は同じ音のする物と固定観念をもってみると別のPUに思える程違うのもあります。
今までの数十個中でエディのPUの音に近い物を今は5個残していますが
1個だけ抜群な物があります!(笑)

JBもこのコンビネーションキャビネットでパナマを弾いてみましたが
鼻をつまんだような音が多少緩和されてパナマだと59よりは近い気がしますが
基本ぴいさんの仰る通り鼻をつまんだような音がいただけません!(困)
JBも幾つも買って試せば良いのが出てくるかも知れませんね~!!(笑)

http://des2.web.fc2.com/hakaishin.html

 

JB

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月20日(木)00時28分18秒
  リンクの音源聴きました、この音源では59の方がそれらしいですね しかしながらかなりこの方の弾き方が"らしさ"を出してる様な..。Live Without~のBest of both~の冒頭サミーと掛け合いしてるとこがあるんですけど やや後半部分でエディらしくないスクリーミーな音が出てるとこがあって 本人の弾き方もかなり関係あると思います。ボクJBの事書きましたけどあれはすごく良いPUだとも思ってます、ただエディサウンドか? と訊かれると う~ん 違うと思うになってしまうんですよね はい JBをつけてみたのはアッシュのギターに? それだとかなりカキンカキンではなかったですか? 59以上に..。250kのポットを使う裏技もあるんですけど ボク この人がどうやって録ってるか判らないですけど Hot for~のAメロの低音はなかなかですねぇ 上手い人は何弾いてもその人っぽくなりますし..

初期サウンドの趣旨に戻ってデストロイヤーの音についてはローズウッド指板もキーポイントだと個人的には思ってます、あの感じはメイプルだと出し難いです 少なくともボクには..
この方の音源でも59だとややハッキリくっきり感がありますね でもぴいさんの様にいいマーシャルがあればそれだけでもかなりいけますね 今更ですがギター2 アンプ8というのは本当だと改めて思いました。
 

5150のPU

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 8月19日(水)23時36分6秒
  これも結局謎なんですよね。
本人はダンカンからいろんなPUを箱でもらって、多分JBじゃないかなぁみたいなこと言ってるし、ダンカンは、59をベースにしたAntiquityの原型のようなことを言っているし。
要は本人も分からないし、ダンカンも知らないのだと思います。
僕もJBを付けてみたことがあるのですが、鼻をつまんだような音で、PAF系のようにスムーズでないなぁという印象でした。
僕が好きなhttp://www.vhoholic.com/だと、JBと59での音の違いが何となく分かります。
彼のギターはアルダーだったと思います。
 

リンク

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 8月19日(水)22時43分15秒
  des2さん、リンクはどぞどぞ。
サイト拝見致しました。ユニークなものが多くて楽しいサイトですね。
何と言っても器用ですねぇー。うらやましい。
僕は半田付けとかねじ止めとかが異様に苦手で、ピックアップの取り付けも
いい按配のねじがなかったので、ボンドで付けてしまいました…(泣)。
しかもJBL買ったんですね~。すごい気合。僕もD-120は気になってるアイテムなんです。
 

買います

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月18日(火)02時35分23秒
  値段は78と同じ160ドル+送料ですね、今円高で買いやすいのでひとつ買っとこうと思います、買い方は、前と同じ日本の代理店を通さず直接コンタクトしました。まあいつか役に立つでしょう。まあ大ハズレの可能性もありますが 面白そうなのでまたやってみます。  

確認取れました

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月18日(火)01時29分13秒
  粘ってダンカンに訊いたら、やはりその5150モデルというのはSH-11 78とは違う物だそうです。数値データは訊けないので不明ですが一応幾ら掛かるとか訊いてみてます。
特に今 5150コピーを作る気は無いんですけどいつかはやるかもしれません。でもボクは5150風サウンドを作るのでなければバスウッドは多分使わないでしょう、そしてそのPUも.. PUはギターに合わせて付ける物ですし.. 78は当時210ドル(送料含)でしたが

そうそう例のえせを作る為色々と物色してた時、5150タイプ、フランケンタイプでアルダーボディ+SH-5もありましたね(78が知られる前ですから)それもボクにとっては残念な音でした。経験ではやはりバスウッド+57がかなり良かったです、これを買っていたら(当時28万でした)
 

5150のPU

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月16日(日)01時09分25秒
  長年ダンカンに訊きたかった事をとうとう質問しました、本ページの趣旨から若干外れますが 長年の謎の一つ、5150のPUは何か? です。これまでに聞いた説はPAF説、59説 JB説が有名でした、この中から無理矢理選ぶならボクは59説になります。 一応5150のPUの外観はビンテージのギブソンのボビンではないのですが、エディはプロ中のプロ どんな我儘も言えます ですのでボビンは新しくても中身はビンテージPAFというのもありだとは思います。実はネット情報なのでちょっとリンクも貼れないのですがとある方がセイモア・ダンカン氏に直接訊いた話としてこういうのを読みました"エディは乾いた音が好きなのでPAFの様な物にアルニコ2を載せた、しかしビンテージ仕様だとパワーが低いのでそれよりはパワーがあるのを送った これを個人的に5150モデルと呼んでいる"というものです。ボクはこの説を有力視しています 当然ダンカンのラインナップには5150モデルというのはありません、我々が普通に買える物では過去にコピーモデルに載ってた57はまずまずでした。良く言われるJB説ですが他の説と同様 これには勿論根拠があるのですが 個人的にはLive映像等を見る限りボクには到底信じられません で とうとうダンカンにメールを出したんです、答えは"我々はあなたの希望のPUを作れるがその数値データは如何なる事も教える事は出来ない"でした。ボクはもう少し粘ってそれがSH-11と同じかどうかを聞き出そうとしてますが 向こうはエディと名のつく物には大変に慎重です(ヘタすると訴訟沙汰ですから..)
そのSH-11はトーンチャート等を見ると良さそうなんですが如何せん14kΩ 出力がデカすぎます。また5150のコピーモデルは(本当は量産メーカーは作れないはずですが..)何故かアルダーボディが多く アルダーに例のペイント+78だったりJBだったり(これはクレイマーのバレッタリイシュー)両方とも弾きましたがボクの耳には残念な結果となりました。
もしボクが作るならやはりバスウッドでそれらしきPUとなるでしょう、しかしSH-11やJBを載せるならボディはスッカスッカの激軽でないとその2つは合わないでしょう。せめて許容できるのは10kΩ位までですね、78は基本的にはフランケン用ですし..。
 

リンク

 投稿者:des2  投稿日:2009年 8月13日(木)23時44分48秒
  ぴいさん、はじめまして。
こんばんは。
この度ぴいさんのHPを参考に致しまして小さなアンプですが改造致します。
(今も少し改造しているのですがぴいさんのHPを参考にバージョンアップとなります。)
尽きましては私のHPにリンクを貼らせて頂いてもよろしいでしょうか?
リンクを貼るのは私のHPのMarshall MS15[改]の所です。
よろしくお願い致します。

http://des2.web.fc2.com/hakaishin.html

 

録音

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月12日(水)21時40分35秒
  そうですね.. 多くの人達が録音について研究して独自の方法をみつけたり 傍目にも奥が深そうですし 自分の性格から言ってもハマると抜け出せそうにないので 興味は無い訳ではないんですけど.. 今は16~24トラックのMTRも比較的安価で買えますからそれだけでも充分に趣味になり得ますよね。1stもエディ自身が"アルバムの音が好きだ、すごく違った音がしてるんだよ" みたいな事言ってますよね ぴいさんの御経験でもこれだけのノウハウがあるのですから..。

なるほど.. オーダーされたギターだったんですか いやぁ 羨ましい限りです、例の重たい方というのはフェンダーだったんですね コンクリートキャスターと言われてた時期ありましたね 今回のPlusの件も含めてぴいさんに言われるとやはり う~むとならざるを得ません、やはりボク ぴいさんがレプリカの音どう聴かれたか大変に興味あります。

今回オーダーしたのはエディ的な音と違う音を出そうとしてるのでぴいさんの大切な研究ページを使わせて頂くはのはちょっと申し訳ないので(やはり趣旨に反してるような気がします)短めに書きます、アルダーSTタイプボディ メイプル指板 FRTトレモロ H-S-HPU 5Way SWといった感じです。まあハッキリ言ってしまうとエディ的な音と反対の感じにしようとなってます、エディ的な音は5150タイプを除く3つの音を使っていて やはり1号機は例のえせギターです ここに今ぴいさんが57Plusを加えられましたのでムムム..となってますが、ボクもとことん自分のえせギターと付き合っていきたいです 新しいのを作っても1号機はやはり1号機なので..。
 

録音の音

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 8月11日(火)23時02分4秒
   たしかに録音した音と出音として聞こえる音には大きな違いがあります。
音に影響する要素としては、
・アンプの音量
・マイクの種類
・マイクとスピーカーの距離や位置関係
・MTR側での入力レベルの設定
・MTR側でのエフェクト(通常はディレイとリバーブ)、PAN
・モニター方法(ヘッドフォンかモニタースピーカーか)
 最後のモニター方法というのも非常に重要で、ヘッドフォンで聞くといいのに、スピーカーで聞くと変、みたいなことはしょっちゅうあります。僕はモニター用スピーカーまでは持っていないので、ヘッドフォンで良ければ進んでしまいます。
 サウンドクリップを作る場合、MTRのヘッドフォンジャックとパソコンのマイク入力を繋いで録音します。今回、VISTAが入った新しいPCに録音したら音が全く変わってしまったので、古いPCを使って録音し直しました。こんなところでも音が変わってしまうので、驚きました。という具合に結構奥が深いです。
 録音するのであれば、自分は人の曲は実はあまり好きではありません。絶対に原作と比べてしまうし、出来も悪くなるからです。でも20秒くらいの自作の曲を自己満足のために録音してみるのは結構楽しいですよ。やっぱりドラムやベースを聞きながら弾くと気持ちいいし。最近はあんまりやってないのですけど。

 今持っているアッシュのギター2本は共にオーダーメイドです。1本はメインに使っているミディアムスケール、もう一本は24年程前に作った通常スケールのギターです。後者の方が若干重いです。何しろこれまでの機材への散財はすさまじいので(^^ゞ、過去にはフェンダーのアッシュボディのストラトも2本持っていました。そのうち1本がコンクリートのように重く、音も寸詰まりな感じでした。あんまり重いのはやめた方がいいかなと思います。弾いてて疲れますし…。

最近は散財したくても原資もなくおとなしくしています。もししましまさんの今作っているギターのスペックとかパーツとか決まってるようでしたら、教えてください。
 

わお!

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月10日(月)00時14分24秒
  クリップ聴かせて頂きました、ずばり "音太い" です! 修理されたのはやはりプレキシでしたか.. 旧い物だから仕方ないですね いやぁ~ 太いですね 流石ギブソン 参りました。

ぱっと聴きでは倍音より実音がやや勝っているように聴こえました。Foolsですか.. アンプ調整の具合もあるのかもしれませんが とにかく太いですね 歪具合は同じなのでしょうけどこれだけ太ければ充分ですね。確かぴいさんは録る時に具合がいい感じと録った後具合がいい様にするには違う感じのセッティングが必要だと書かれていたのを覚えています。ボクは弾きっぱなし人間で卓録はしないんですけど確かに録る場所によって音が違うのは想像がつきます 部屋のアンビエンスも違うだろうし.. Plusはアル2ですから高音の感じもきっとエディ感があると思うので..

ぴいさんは2本のアッシュギターをお持ちだと書かれてたと思いますけど、オーダーのギターなんですか? ボクはてっきり70年代のフェンダーとかかな なんて思ってたんですけど..
個人的にはぴいさんが石の様に重く1弦が寸詰まりのような~と書かれてた方のボディに興味ありますね ボクならそっちを使って頑張ってみようかな なんて..。

Jペイジのムック本を持っているのですがそこではZEPの1stや2ndのCDを機械に掛けて周波数分析みたいな事をしてました、ギターマンEVHギターズでもその手の分析等して欲しかったので内容的には残念な所も多く(インタビュー等もフリークなら既知の事も多くて)研究者としては買わない訳にはいかなかったけど正直期待外れの本でした。ボクもいつかは自分の好きな音を周波数なんかで把握したいとは思っていてGEQやPMEQなんかで勉強したいですね、本当はMTRなんかでフェーダーを上げ下げするとかもいいとは思うんですけど.. ボクは自分の弾いたのをプレイバックする勇気はないです(悲しくなるので..)

アンプは2ヶ月働けば買えるんですけど他にも色々とやっているので進まないんです はい
とにかく78の変更部分も(まだ帰ってきてません)まずは2266Cでしばらく弾きこまないと
換えるかどうかの見極めもできませんし.. 年末までには買おうと思ってるんですけど。
 

Fools

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 8月 9日(日)22時48分15秒
  久しぶりにクリップを入れてみました。
http://epi3.hp.infoseek.co.jp/fools.mp3
Ash Guitar with 57 Classic Plus - EP3- 1967 Marshall Super Tremolo 100W - THD (minimum) - 1960BXcab - SM57 - Korg D8
娘のドラムが横に置いてあるので、右足でハットを踏みながら弾きました。
フェイザーの電池とシールドがなかったので、ハイトーンのソロ系は入れられませんでした。
しょっちゅうミスるので、時間もかかるし…。

ピックアップは結局自分のギターに乗せてならしてみないと、なかなか実感がわかないですよね。
家にはごろごろ転がっています。

アンプはパワー管のソケットが焼け焦げてショートを起こし、大修理となりました。
電解コンデンサーはもう寿命なので全部取り替えないとだめ、と言われ、大ショックの中
決断しました。何とか元の音が戻ったと思います。

オーダーギターは自分の好みで作れるので、
弾き易いし愛着がわくのでとてもいいですよ。
録音で使ったギターは、娘の誕生記念にという、
誰にも理解されない勝手な理由をつけて
16年前に作りました…(^^)。
当人はそんなことは知らず、ドラムをやってます(嬉)。
しかし父親と一緒に演奏するつもりは全くないようです。
 

シールド

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月 4日(火)14時41分8秒
  PAFシールはボクのえせギターについてたフツーの57にも貼ってあります PUについてはどうしてもギャンブル性が伴うので ピックアップブック(CD付)みたいな本とかyoutubeとかで出来る限り調べてから.. となるのはしょうがないですね ボクは78のセッティング変更をしたのでもう少しそれで頑張ってみます。実はぴいさんが使われてたHB59 ピックアップブック付録CDのサンプルではボクはHB60の方が良さそう と思ってました、個人的にはぴいさんは57Classic Pro(アルニコ5)辺りがお気に入りかな? なんて思ってたんですけどアル2のPlusで好みの音が出たのは良かったですね。

確か以前アンプの調子崩されたような事ありましたけど 直されたんですか?

アッシュの音は1stのAin't~のイントロのアルペジオとかで判る人にはすぐ判るんですよね
以前書かれてましたホワイト、ライトアッシュ系の音の違いについては本当に同感です ホワイトアッシュ組にはボディが軽くてもそうでなくてもすぐ判りますよね(笑)

そうですね、最近のは高品質なんでしょうけど安くはないですねぇ..
EVHシールドはブランドの割に意外に安いので不思議ですね ボクはもはや定番ですがパッチも含めベルデン9395で固めることにしました でも そうですね.. パッチ3 それ以外1でやはり1万いっちゃいますね 同感です。

オーダーについてはギター暦20年強にして初めてです、ですので今までの経験、知識を振り絞ってます こないだとうとう40になってしまいました(涙)

今回はロックなチューニングを貼っときます う~ん ロックだ..
tp://www.youtube.com/watch?v=tqoVQ-IBOug
 

57Classic Plus

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 8月 3日(月)22時54分57秒
  57Classic Plusはアッシュボディにはかなりいいと思います。それとPAFシールが貼ってあるのもうれしい!まあ、まだ1stのぶっとい感じまではいかないんですが、なるべくシンプルなセッティングで、8月中目標!に何か音を入れてみたいと思います。だいじょぶかな?

ギター、オーダーメイド中ですか。お気に入りのができるといいですね。

ところで最近シールドって無茶苦茶高いですね~。1万円近くするんで驚きました。
シールドなんてメンテナンスがいらないだろうと、丸めてほっといたら、まともに
使えるのがなくなっていて参りました。
 

57Classic Plus

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 8月 2日(日)18時11分5秒
  57Classic Plus 良かったですか? ぴいさんは比較的ローが締まってるのがお好みのようですが 良かったですね 以前書きましたが10年前位にあったコピーモデル リアルメイド5150タイプ(ボディはバスウッド)にはフツーの57がついてたと思いますが非常に出来が良く、5150のコピーだったらこれでフリークも音で納得するだろうと思ったのを覚えています。5150は当然フランケンとは音が違いますけど強いて言うなら57だと少々ハイがキツいかな?って感じでした。Plusの出力は78より若干高めですがぴいさんが納得されたのなら良さそうですね


例のいななきですが、あれもフランケンでやるのと5150でやるのと勿論MM EVHやWolfでやるのとではどれも違う感じの音になりますよね(機材が違うので当然とも言えますが)本人があれをやりだしたのはフランケンの頃ですけど5150の時に一番連発していて フランケンだとキィーッって感じでちょっとサステインも短めですが5150だとクワ~ンみたいな感じで結構サステインも効いてます あれはミッドブーストが肝なんですよね 自分の経験では..

Somebody~のソロ終わりのブレイクのハーモニクス あれも歪が強かったりPU出力が高い(つまりは歪ですが..)方がカッコいいですけどボクは敢えてフランケン位出力の方がテケテケ感があって好きだったりします、ミーン・ストリーツのイントロとかもちょっと歪が弱いほうが好みだったり(ハーモニクス感よりもスラップ感がやや勝っていてそこが良かったりとか..)

EP-3でノイズが減る.. なるほど 状態がいいんですね、EJの教則(Fine Art of~ってやつ)を持ってますけどそこでは物凄いノイズが出てました。弾かないで話してる時とかにも物凄いノイズでしたね あの人はその手の事に非常に細かいときいてましたけど あれ程までに拘る人がそこを許容してたのも印象的です。

今年はえせフランケンの調整 アンプやシールドの見直し、エフェクトも少し買い増してボクのギターライフも節目の年になりました。実は初めてのフルオーダーを掛けて1本増やします(現在製作中です)これはエディ的な音と違う音を出そうとして作ってるんですけどそれにはディマジオAir Classicというのを載せます、ハッキリ言ってディマジオは大の苦手なんですが..

またサウンドクリップ作って頂けたら嬉しいです、今のぴいさんの音 聴いてみたいですね
 

ピックアップ

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 7月29日(水)23時50分56秒
  ひさびさの書き込みですみません。
【エコープレックス】
エディ、Jペイジ、Bメイ、Eジョンソンなど、エコープレックスを使ったギターヒーロー多いですよね。彼らはディレイというより純粋にエコーとして使ってる感じがします。
70年代はそれしかなかったんだろうけど。
幸運にも僕は1台持っているんですが、最大の役目は通すとなぜかノイズが減る点です。
引越しをしたんですが、アンプ直だと気が滅入る位もの凄いハムノイズが入ってしまうんですが、EP3を通すとこれがかなり軽減されます。なので、別の意味で重宝しています。
いずれにしても今はすっかりテープエコーの時代ではなくなってしまいましたね。

【クリーム・3弦】
すみませんクリームはまだ聞いてなかったです。
3弦2フレットの馬のいななきのようなハーモニクスは、かなり歪ませないと出ない感じですね。

【ピックアップ】
57クラシックplusというのを買ってみたんですが、個人的にはコレだ!っていう感じがしました。これまでSH-1、78model、Voodoo59などとっかえ引っかえ試したのですが、どうも特定の音域にクセがあってしっくりしませんでした。でも57クラシックPLUSはアッシュボディにはぴったりの感じがしました。アルニコ2でPAFをベースにコイルを大目に巻いたものですが、音域のバランスもよく非常に初期エディの音に近い感じがします。
 

エコープレックス

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 7月23日(木)21時53分29秒
  今日はテープエコーの事を書こうと思います、6月頃BossのツインペダルRE-20を買いました。これはよくある古いテープエコーのを音をデジタル技術でモデリングした物です、ボクは20代の頃ストレイ・キャッツをコピーしてました、するとブライアン・セッツァーですよね、ボクのエコーとの関わりはこれで始まったのですが所謂スラップバック・エコーです。ただこの時期ホントにお金が無かったし アナログディレイの復刻版なんかも少なかったのでデジタルディレイを買いました。でもこの手のエコー若しくはハードロック系のエコーといえば何と言ってもエコープレックスですよね 90年代初期でもテープエコーは本当に夢の機種でした。過去にも書きましたがFullToneのTubeTapeEchoは現状では最高のテープエコーだと思いますが高すぎて買えません(音はこれ以上は無いという位好きです)不思議なのは外タレさんはやたらとエコープレックスを使うのであれだけ人気があるのだから現代のDSP技術でエコープレックスの単体のモデリングを出せはすごく売れると思うのですが..(別メーカーならありますね)勿論ボクも速攻で買いますし(Line6のDL-4はちょっと豪華すぎるので..)でもRE-20も良いですよ、繋ぐとこれまたエコープレックスとは違う独特の音になってしまいますが 今回嬉しかったのは入力レベル調整つまみがついている事ですね(本機ではディレイ+リヴァーヴがかかるのですがディレイ、リヴァーヴの出力つまみもついていてこの両方を絞っても 又はペダルをOFFにしても繋いでいれば入力レベルつまみが効くんですね)つまり本機を残響エフェクトではなくブースターとしても使えるんです 現在ボクの1号機はまだ帰ってきてませんが(7月末に上がってきます)帰ってきたら是非ともブースターとして使ってみたいですね(今手元にあるのはMM AXIS EXとグレッチ6120だけですが確かにブースターとして機能しますし 今まで使ってたディレイよりナチュラルにブーストできるので良くできてますね)大聖堂だけでなく付点8分も良く使うんですけど ディレイは2つあるといいですね、ビンテージっぽいのとモダンなのがあると便利です。モダンなのではとうとうEventideからTimefactor(ディレイ)PitchFactor(ハーモナイザー)出ましたね。特にPitchfactorのデチューンサウンドは超欲しいですけどペダルタイプに6~7万というのはボクには高すぎます、ですのでモダンなタイプとしてはBossのDD-20を買おうと思ってます。アンプはまだ買えてませんが今年は機材的にも大きく変わる年になりそうです。  

エディのG弦

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 6月23日(火)21時06分3秒
  ぴい様 お久しぶりでございます、頑張って働いてますがまだアンプは買えてません。
ところでエディに取り組んではや10年 色々勉強させてもらいましたがエディが弾いてる映像とかを観ると未だに判らない事もあります、例えば..

①タイトル通りエディはよく3弦の開放でアーミングしたりするが、そういう時ハイポジに向かって左手をスライドさせるような仕草をする、たぶんミュートだと思うのだがなんでそうやるのかよく解からない
②その3弦開放(G又はG♭?)の音がとても太い、弦はフェンダーのXL-150でしたっけ? 0.09~0.40ですよね ボクはフツーの0.42までのセットですから本人のとあまり変わらないと思うがこれはやはり音量のせいか? ボクのアンプシュミ+卓上ではこの太い3弦の音がどうEQをいじくっても、ポールピースを上げ下げしても出ない

やはり音量ですかねえ.. 彼はスタジアムクラスの人ですし ただ例の叫ぶようなハーモニクスで何故アームに手を掛けるのかはなんとなくですが解かりました。例えば彼がよくやる3弦2f(レギュラーでA 半音下げでA♭ まあ要はAでやってるんでしょう)順番としてはアームを少しダウンさせてからピッキングハーモニクスを出してアームをリリース→そこから揺らしたり.. とかって感じですね。バーを使わないピッキングハーモニクスやタップハーモにクスでもちょっとベンド又はビブラート気味にやると出易いのと同じ原理でしょうか.. これはシンクロでもできますが本人がフロイドを使ってるやつはフロイドの方がやはり感じが出ます、3弦はハーモニクスが出易い弦なので本人も多用してますね。

ところでクリームはもう聴かれましたか? ぴいさんはZEPがお好きな様なのでクリームはギターのトーン以外あまりお気に召さないのではと思いますが..
というのはZEPとは正反対の感じですから、ZEPにはある所謂バンドっぽさが皆無で3人がそれぞれ勝手にやってる感じですよね、曲もポップなのが殆どないし..(ZEPはバラエティ豊かですよね)ジミー・ペイジはリフ作りの名人でZEPを聴けば彼のギターも当然印象に残りますが、彼は曲を大事にしててZEPを聴くと曲の良さやロバート・プラントのヴォーカルが中心なんだなって思えます。逆に言えばあれだけ曲の良さを出しながら自分のギターも聴かせると言うのは大変な能力だと思います スーパーギタリストがいるとどうしてもギターギターしてしまうのが多いんですけど.. クラプトンはソロは途方も無いですけど曲作りやリフとかでは特に名人って感じではないですから エディはどうでしょう? その中間でしょうか..
 

クリーム

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 3月15日(日)14時31分27秒
  レス有難うございます、そうですか SLPも回路的にはぴいさんのと同じ.. う~ん 初来日の時1号機も持って来てたんですね ステージであんなに使ってたらレコーディングに耐えうる調子を保てるんでしょうか? 前回は書きませんでしたが80年の映像(unchaindとhere about it laterのやつ)では78~79年頃のと音違いますよね(少々クリーンな印象です)

クリームですか.. ボクはBox(現行の公開音源全て)持ってるんですけど初めはVery Best Of Cream(中古)でした。最初はこれで充分だと思いますよ、アルバムでは個人的にはカラフル・クリームが好きですけどエディはクリームの素晴らしき世界(邦題ヘンですね)ですか これにはライヴ音源が入ってるので他の人にも人気あります。ライヴばっかしのはライヴ・クリームが2枚ありますからこれで聴けます。この頃のクラプトンはギブソンばっかしですし 基本的にはクリームではウーマントーンです、フロントだけでなく色々な出し方があるんですけど エディはリア派ですからPAF好きなら聴いておかなければならないですね
エディのカラっとした抜けの良いトーンに対してクラプトンの滑らかかつサステインの効いたトーンが聴き所だと思います。ボクはブルースブレイカーズのリマスターBoxも持っていますがPAF好きであればマストアイテムと言った所でしょうか ぴいさんはZEPがお好きなようですが、胸いっぱいの愛を(邦題 笑)の中間部のブレイクのに似た感じをCat's Squirrelという曲でやってます、ペイジのも勿論かっこいいですけどクラプトンのもなかなかですよ。多分あの部分の元ネタでしょう 曲はI feel FreeとかOutside Woman blues Deserted Cities of The Heat、Those Were The Days We're Going Wrong Swlabrとかが好きです。ブルブレでは何と言ってもThey Call It Stormy Mondayにつきますね ライヴ音源ですけど最高に好きです。実はZEPでは最初期のテレキャスター+VOXアンプの時が一番かっこいいと個人的には思ってます。(曲は良いの沢山ありますけど)
 

マーシャルの回路

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 3月14日(土)22時43分45秒
  67-73のOldも1959SLPも回路的にはほぼ同じです。ネットで67と出ている手書きの回路図はSuperLeadの回路図ではないとのことです。「ほぼ」というのは、音色に関わるコンデンサーの値がちょっとずつ違っている程度で大きな違いではありません。Oldに至っては同じ年代でも値がまちまちのようです。つまり音色部分で若干の違いはあっても、基本的な設計はどれも同じです。この辺りの違いは、マイクの位置を1cm動かした時の音の違いの変化より小さい印象です。またメンテ状態の差異の方が大きいと感じます。2年ほど前VHoholicという人のサウンドクリップhttp://www.vhoholic.com/に触発されて、短期間ですが1959SLPを持っておりました。アッテネーターを通した比較しかしていませんが、音は67とあまり変わらなかったです。最も大きな違いは、SLPはボリューム6辺りでほぼ10の音になるのに対し、67はボリュームに比例して音が大きくなっていく点でした。音質や歪みの違いは、オールドの方が明るい感じでSLPの方がちょっと歪んでMidが強い印象でしたが、プリ管もパワー管も別のもので比較したので単純比較はできないです。つまり、プリ管・パワー管の違いで生じる音色の違いの範囲内、と判断する程度の違いでした。今思えば比較のサウンドクリップを残しておけばよかったです。それほど変わらないのと、狭い家に2台あってもしょうがないと思って売ってしまったんです。以前スタジオでSLPを試したときは悲惨な音だったんですが、きっとあれはメンテが悪かったんではないかと思います。

78年初来日時のアンプの裏側の写真 http://epi3.hp.infoseek.co.jp/Ampheads.JPGを見ると、1号機も映っていますが、どれも外見上では改造の跡は見られません。この写真では、複数のマーシャルは並列でつながれています。左上のインプットジャックに入力し、左下のインプットジャックから別のヘッドの左上につなぐ。ヘッドにMXRのイコライザーが貼ってるのもあります。ところで、エディもクリームの音が好きと言っていますが、しましまさんは、クリームだとどのアルバムのどの曲がおすすめですか? 僕はクリームはあまり知らないので興味があります。
 

初期のステージ

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 3月12日(木)21時20分9秒
  そうですね、自宅で使う以上箱鳴りがするレベルには上げられないですね。う~ん 100Wのヘッドの全開のトーンこそマーシャルですものね、マーシャルの卓上は箱鳴りをシュミレートしていますが(多分)2266Cはステージ用ですからやっぱりある程度上げないと.. アンプにはそういうスイートスポットの様な音量レベルがあるんですね。

もう観れないかもしれませんが以前79年頃のステージ映像でスネイクドラゴンの音聞きました あんな形ですがちゃんとした音してました、ボクはあまり初期のステージ音源は聴いてないんですが(youtubeで観た位です)78~79年頃のステージの音はホントに凄いですね まさに爆発する様なトーンで レコーディングに使ってた1号機ではないマーシャルを使ってたんでしょうけどぴいさんが実験されたダブルマーシャル説も考えてみたくなります。
マーシャル直列は本人の発言も残ってますがどうやって出してたんでしょうね、前にテープエコーのプリアンプ効果の事書きましたけどあれはそんなレベルじゃないですね 推測ですが1号機はやはりツアーには持って行ってないと思うんですけど、多分1959をそれなりにイジって使ってたと思いますが(アジアツアーの運送トラブルで紛失、数年後に戻る話)一応Line6のPODでバリアックの音入ってますけど(ヘンな音ですね) 80年代の改造マーシャルよりあの音の方が好きですし出したいですね。80年代の改造マーシャルはプリ管を追加(増幅段を追加)してミッドブーストが基本ですがYGのインタビューで最近(79年頃?)のマーシャルを買ったけど音が今一つだったので67の様な回路に変えたという話があります。今はネット等で67の回路図も見れますし本もありますよね、まだ研究してませんが67の回路というのはポイントですね ぴいさんのプレキシも明らかに1959SLPと違います SLP若しくは1959HWは確か69の回路なんですよね、68もそれ以前のと音違いますし..。ボクは67、68、69、70、73辺りはどれも音が違う風に聴こえます。去年くらいに出たランディローズのも独特の音してるしジミヘンモデルも独特の音ですね、ボクはクリームの音が多分一番好きでその次がエディの初期ステージの音ですね(フレズノのやつ位しか聴いてないですけど) ボクもこれからアンプの回路の事 勉強します、今ギター改造と2266Cの為頑張って働いてます(笑)
 

推論

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 3月 9日(月)00時01分30秒
  かなりそうではないかと思われる推論と思います。しましまさんのおっしゃる通り、ダンカン氏も、2007年12月のギターマン誌で8KΩと言ってますしね。

アンプの音量と音は大いに関係があると思います。音量が大きい方が、音が太くなる、部屋やスピーカーの違いが出る、フィードバックが生じるのでサスティンも長くなります。マーシャルの良し悪しはフルで鳴らしてみないと分かりません。僕が初めてそのことに気がついたのは、74年のマーシャルを買うときに、耳栓を持っていって、Hyper Guitarsという楽器屋さんの広い防音室で、色々なマーシャルを大音量で弾かせてもらった時でした。僕はLed Zeppelinも好きなのですが、マーシャル直で本当にあの音が出た時は大感激でした。耳栓を取ったり付けたりしながら、圧倒的な音圧の中で弾けて、これぞ求めていたもの、やっぱロックはこれだなと実感しました。

Vintage Modernが小音量で今ひとつであっても、それはアンプの本領を発揮しない音量だからではないでしょうか? ですが、もし大音量で弾いても今ひとつであれば、VHサウンドには1959SLPの方がいいかもしれません。いずれにせよ、一般家庭用ではないのが悩ましいんですが…。
 

推論2

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 3月 1日(日)23時05分43秒
  ぴい様、暖かいお言葉有難うございます。推論2ではやはりレプリカのPUが何故14kΩもあるのか?ですね。
あくまで主観的な推測ですのでご参考までに

 ①レプリカに使われたアッシュの重量がオリジナルよりも軽い為(ボクやっぱりそう思  います)中低域やサステインを出す為出力が高い
 ②NAMMのデモ演では5150Ⅲ(発売前なのでプロトタイプか?)を使っている為、マーシ  ャルとはニュアンスが異なる
 ③デモ演の音があまり硬くなくハイも現在のエディの好みにあった感じがするのはアン  プが違う事もあるが、塗装の技術水準が70年代からすると飛躍的に向上し(専用の塗  料を開発したとある)元々ストライプペイントは重ね塗りなので普通だと塗膜が厚く  なるがそれを薄く仕上げることができた(300万にふさわしい高級な塗料ですが値段か  らすれば塗装も現代の最高の水準で作られている)一般的な量産ギターではポリウレ  タン塗装が殆どだが、これであの重ね塗りをして経年変化(退色等)を抑える為には  塗膜が厚くなり 音も硬くなるのが普通、これを抑えて軟らかいアタックや倍音を出す  にはニトロラッカーをシーラー(目止め)無しで吹くしかないがアッシュは導管が太  い為サンディングはしなければならない、それにプラスして重ね塗りなので 薄く    する事はできるがニトロは経年変化に対して大変に弱い塗料であり、専用の軟らか   く薄く仕上がるウレタン塗料を開発したのではないか?

と、いう所ですが まあやっぱりボディが軽いからでしょう。昔はアンプの歪も弱く、PU出力を抑え目にするとどうしても実音等が弱くなる、だからしっかりした作りのギターが必要だったのではないでしょうか? エディの様な大きい会場でステージをする人が他の楽器ににかき消されないでアンサンブルの中でしっかりとした音を出すにはしっかり作る必要があったのではないでしょうか?(自作なので粗も多いですけど)特にアッシュの様な高音がきつい材ではやはりしっかりとした中低域も必要で、それで当時の風潮か低音やサステインには重いボディという事なのではないでしょうか? 軽いボディは良く鳴るし倍音や高音の出も良いので(第一に軽いから持ち易いし)しかしながら中低域やサステインは弱くなるので現在は軽いボディでハイパワーPUの物が増えてきているのではないでしょうか?

レプリカの作りがあんな感じなのはこんな理由かな?なんて思ってます、2266Cですが 音を絞ればエディのあの爆発する様な感じは弱くなっちゃいますね、音量もあのサウンドの一部なんでしょうね。

以上です。長文すみません
 

楽器選び

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 2月21日(土)15時26分8秒
  あーでもない、こうでもないとか色々考え、お金とも相談しながら楽器を選ぶのは楽しいことだと思います。そうやって手間ひまかけて手に入れた楽器でも、使っているうちにいいところや悪いところが見えてくるものです。選ぶときに、新品か中古か、色や外観は、などで迷うのも当然だと思います。
なんか人間と似ているところがあって、弾くこちら側も完璧ではないので、メンテナンスとかしながら、楽器といい関係ができれば、楽器も喜ぶと思います。いい出会いがあるといいですね。
 

2266C

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 2月20日(金)22時54分45秒
  ぴい様、わたくしようやく2266Cをみつけて試奏してきました。関西ではなかなか店頭に置いてある所が少なく苦労しましたがようやくみつけてテストしてきました、やはりテストもしないでなかなか買えませんから..。思ったとおりマスターで音量は卓上レベルに下がります、まあそうするとSPやキャビネットが鳴っている箱鳴り感はやはり出ませんがやはり気に入りました。今日テストしてきたのは店頭展示品で半額(12万ちょっと)でした、意外と値落ちもいいですね。ただ今回は初めての真空管なのでやはり完全な新品を買おうと思います。やはりビンテージを意識した作りで歪はそんなに強くないですがニュアンスに反応が良く繊細なタッチにも良く付いてくる印象ですね トーンの利きもいいし(4バンドEQ)速いプレイからスローなプレイまで幅広く出せそうです。ぴいさんは知識がおありですから中古でも問題ないのではないですか? 5150コンボよりは歪みませんがあれはマスターでぎりぎりまで絞っても結構な音量が出てしまうので(安いんですけどね)またお金貯めなくては
仕事頑張ります。
 

レプリカPU4

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 2月 1日(日)12時43分59秒
  はい、でもまあ外観だけですから、ボクはこの辺りからPUは変えてないのかな~?って感じですけど。今の所はNAMMのデモ演のとかリユニオンのとかが参考になりますが、間違い無くNAMMのデモ演のとは同じ感じでしょう ですのでぴいさんがあれをどう聴かれたか?と言う事ですね、もう2月に入るのでそのうち市販バージョンのレポ等ネット上に上がってくるでしょう できればそれらのレポや音を聴いてみてから動きたいですね。

オリジナル引退時(ペイサー)は90年代に出てた「世界を変えたギターたち」で見れたと思いますが残念ながら持ってません、あと東京にいたとき図書館で「ザ・ギタリスト上巻、下巻)というのにエディのインタビューが載ってました、多分3rdアルバム位の時期のです。ボクのえせギターも最初はシンクロだった訳ですが、エディのインタビューにあるシンクロのチューニング対策とか なるほどーと思いながら読んでました。
 

YGの93年2月号の写真

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 1月31日(土)22時59分8秒
  たしかに、しましまさんのおっしゃる通り、これが元々のPAFので、レプリカの基になっている感じですね。
今日たまたま楽器屋でギターを見ていたら、見る角度や周囲の照明の具合で、PUが歪んで見えることが分かりました。
14Kっていうことは、断線したPUでは参考にならないので、ひょっとしたら、
ディマジオの時のように、今のエディの好みになっている可能性もあり、そうなるとあんまり…という感じです。
 

PUについての推論

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 1月28日(水)22時42分47秒
  ぴい様レスありがとうございます、レプリカはオリジナル引退後ペイサーからバナナヘッド(83南米ツアーの時のに付いてたやつかな?ボディは違いますけど) そしてレプリカの為の計測時(21F)とネックが変わってます。レプリカのベースPUの写真 ボクはYGの93年2月号のエディのギタコレのアップ写真を参考にしてます(この時点ではバナナヘッド)これは歪んでないですね 一応レプリカのはこれと同じなんじゃないかなーと思っています。推測ですがレプリカの為の計測時のネックは83年のステージ(ソロタイム)のがyoutubeで観れますが、レプリカの音はこの時の音と同じとはボクには思えません(録音状態にもよるので推測でしかないんですが)このときの音はUSフェスの音(こっちはペイサーです)に近いですけどUSフェスのよりかなりボディ鳴りが良く感じます。因みにMM EVH用は13~15kΩでWolf用も14~16KΩ位です、SH-11が14KΩですからディマジオがフランケンか5150のどちらかを計測したと言う話に関連が出てくるんですけど..。ボクがえせギターのベースにした○ock○nnさんの白黒はラージヘッド ギブソンフレットで57classic、ブラスナット シンクロでしたがマーシャルのバルブステイトに繋いで ああこれでいいやって思ったんです。78が知られる前は何故かエディ風にするにはSH-5が定番でしたよね、ボクはSH-5の付いたやつを同じ様にマーシャルに繋いでみましたが正直(え~???これかな~?)でした。取りあえず白黒(初来日時?)のはそんなに旧そうに見えませんが(まあ新品でもないですけど)引退時のはもうちょっと錆とか出てて同じかどうかは見た目では正直よく判らないなーって感じです。 そのYGのも結構アップ写真ですがそれと同じじゃないかな~?って思います。こうなるともう耳に頼るしかないワケで出力の数値とかより自分にどう聴こえるかで決めるしかないかな~ ぴいさんはプレキシをお持ちですから過去映像やブート音源等ボクとは違う風に聴こえるでしょうし..。 そうですね 無理矢理結び付けるとすればDP-100が14k弱なので当時でもこの出力は本人も試したでしょうし、それをそのままではファジーと言ってるから.. う~ん 難しいですね。

はい、USフェスの時はH&H使ってますね ですのでボクも今回のは数値ではなく自分にどう聴こえるかです、とにかく音を聴いてみるつもりです。

みんなボクも東京にいた時 国会図書館でできるかぎり調べました(笑)78も無かったし、なんでSH-5にするんだろ? 全然違うじゃん!なんて感じでした。

ボクは今回78のマウントを少々下げてもらいます、6年弾いてポ-ルピ-ス何回も上げ下げしてみたりして出した結論です。やっぱネックが動くと(アクション変わると)音の感じが変わるので何度も調整してました。

ボクがレプリカ発表時に参考にしたやつです、これみてNAMMのエディのデモ演聴いて当時書き込みしました
tp://jp.youtube.com/watch?v=BC3ZPls4QuE
 

ありがとうございます

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 1月27日(火)00時21分30秒
  うーむ。最終形直前のアップのカラー写真を見つけました。「これはES335からのPAF」と言っているんですが、歪んで見えます。
たしかに14Kだと、もはやPAFとは言えないですね。サスティンは音量とも関係します。
USフェスは、マーシャルをプリアンプとして使い、パワー管の増幅に行かず、MOSFETのパワーアンプH&H800に行かせています。
ネックは演奏性に直結するので、ぴったりのが出来るといいですね。
 

1stのサウンドの為に

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 1月26日(月)21時51分54秒
  ぴい様 更新読みました。ボクは個人的には白黒のと引退前のは同じじゃないんじゃないかなーと思っています。確かGuiter magazineだったかな(96年11月、12月号)でスーパーディストーションの改造についての所(マグネットをOLD PAFのに換えてリワイヤし、ポッティング)これは黒黄用のやつみたいですけど...。あと、個人的にはあの感じにはやはりギブソンフレットが必要だなと思います。エディ的にするにはジムダンの6100とかがポピュラーなんですけど あれは金属が硬いから固い音になってしまうと思います、ギブソン用はジムダンより金属が軟らかいからか減り易いですけど1stサウンドにはあっちの方がいいなと思います。引退時のペイサーヘッドのは6000番みたいな極太がついてますね ボクも83年頃のミュージックライフの表紙を覚えてます。断線については.. う~ん 難しいですね やっぱ企業秘密なのでしょう。ところで今回のは14kΩの様ですが、この出力ではもはやPAF系とは言い難いですね、しかしながら実際に聴いてみると数値的と実際のパワー感というのは違う時もありますから..。80年頃の白ボビンも改造PAFとみてますが(Here about it laterのやつ)とかも聴感上は14kΩもあるとはとても思えないですけど う~ん エディの音は歪の割にはサステインが異常に長いですからプレキシをあそこまでサステインさせるには確かにパワーあったんでしょうかねえ..。デストロイヤーについてはセンボディ説はありだなと思います。センはコリーナの代用と言うよりはアッシュの代用材ですからあのドライ感は確かになーと言う感じですね。ボク明日東京行くんです、ボクのえせモデルのネックを換えます。
作った時からのペイサーでまた作ります 今回初めて6100番にトライしますです。改造してもらった松下さんにまた依頼します 作った時は1万位の安物ペイサーでしたが6年目にしてついに好みのシェイプで作ってもらいます。ボクはUSフェスの時のを参考ににしてますので..。やはりあの時期のunchaindのAメロのリフ(あのサステインの利いたハーモニクス)が忘れられないので。ぴいさんはやはり初期のステージトーンですか? 78~79年のステージトーンはこれまた凄い音ですから(アルバムとは違いますよね) まさかぴいさんのプレキシが調子崩されました? 大変ですね 腕の良いリペアに出さないと..。
 

レプリカPU3

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 1月25日(日)18時51分20秒
  変遷がありますねぇ~。
最初の黒PAF→黒歪んだボビン→クリーム色→黒歪んでいない(最終形)。
コインが付いている最終形のは最初のPAFと思います。その根拠は、
①ロッキンf(1983年2月号):「ピックアップは、ギブソン335に付いていたオールドPAFだ。」
②ヤングギター(1983年2月号):「ピックアップはES-335に付いていたPAFハムバッカー。」モノクロ写真でも歪んだボビンのとはちょっと違う。
③最初の白黒の写真と最終形の写真と見比べるた所、PUのねじ頭の切込みの位置がほぼ同じ。(これはちょっと強引な理由で偶然かもしれませんが…)
④レプリカギター(日本でも買った人がいるんですね)写真を見ると非常に年季が入っている。錆び具合とか。
http://www.shimonita.ne.jp/blog/franken/evh/frankenstein-replica/

最初のPAFのコイルが巻き直された時期も、今まで不明だったのですが、1stアルバムのレコーディング前ではないか、と思うようになりました。その根拠の記事は、ミュージックライフ1978年8月号。
「…お店で買うギターなんて、みんな同じ音しかしない。それで自分でギターを組み立てようと思いたったんだ。今はとてもそんな暇はないけど、あの頃は、暇だけはいっぱいあった。(笑)部品のネックとボディはチャーベルというメーカーから買った。ピック・アップはギブソンのオールドES335だ。最初思ったような音が出なかったので、ピック・アップをとりはずして友だちといっしょに、コイルの巻きなおしをした。何重に巻きつけるかで音が決まるんだ。それで、とにかく気にいった音が出るまで、何度も何度もやり直した。4日間もかかったかな。工場だと機械で巻くんだけど、僕らは手でやったからね。…」

という訳で、レプリカは最初のリワイヤPAFのレプリカと考えていいのではと思います。但し、レプリカの時点でこのリワイヤPAFは断線していたことに留意する必要があります。つまり素材はいいとしても、計測比較はできないという点です。ですが、だんだん欲しくなってきたので、preorderをしようかなぁという気になってきました。アンプが壊れて大々的な修理が必要となり、お金がきついのですが…。

この週末に色々調べ、HPのギターの所も何年ぶりかに更新しました。(^^ゞ
 

レプリカPU2

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 1月20日(火)16時20分18秒
  去年のザ・ギターマンEVHギターズをお持ちでしたら79年頃の赤白黒(リペイント)黒ヘッド(もとは黒黄用)シンクロ、コントロールパネル無し(例の2つのポットが付いてたやつ)時期の物の写真があるんですけど そこに付いてるのは彼が自分でワックス浸透をしたやつなのかボビンが歪んでるんですね。それと引退前(ペイサーヘッド)のはボビンの歪みが無く明らかに見た目は違います(中身は判らないですけど)多分エディはフランケン用は何回も載せ換えてると見ていいと思います。ネックといいブリッジといい 何度も載せ換えてるわけですからPUも何度も載せ換えてると見ていいのではないでしょうか?
ボクは1984や83年頃のステージのトーンを参考にしてるのでそれでも良いのですが、ぴいさんは勿論1stサウンドですから今回は判断が難しいですね。余談になりますがダンカン59も昔のと今のは音が違うという根拠にされてる説は80年代中ばまではオールドのPAF等に使われていたワイヤーやマグネットが手に入ったんだそうですがそれも90年代になって難しくなってきたそうです、それで現在は大手リプレイスメーカも現代の物をモデファイしたりしてるので音が違う!という事らしいです、ディマジオなんかも同様だそうですよ。ですのでぴいさんが御所有のも購入時期が旧いのであればキープしといたほうがいいと思います。
しかしながら今回の物は減磁されたアルニコ2である事、ワイヤーの質も違うところでは手に入れる価値はありますね、もし金銭的に余裕がおありでしたら2つ買ったりしてマグネットやスクリューポールピースを78と交換してみるとか如何ですか? 今回のを使ってリワイヤするとなるとダンカンに依頼しないと音も変わってしまいそうですし..。

ぴいさんは関東にお住まいのようですからあれなんですけど、ボクが自分のえせモデルを作った頃関東では2つのコピーモデルが存在していました。○ock○nnさんのと○ケベさんのです。ボクはそれらをすべて弾いて仕様を決定していきました。その頃はまだ78は知られていなくて(ギターマンが出る前です)○ケベさんのリアルメイドというのが当時一番出来が良かったですけどPUは57classicでした。これは今でもある○リー○ムという工房が作ったものですが78が知られる前はこれが一番出来が良かったです。ボクは結局○ock○nnさんの1st仕様(白黒、シンクロ、ブラスナット)を買ってそれを改造してえせモデルを作りました、これにも57が載っていたのでそれがボクの最初のPAFになりました(57はまだ持ってます)リアルメイドは後にぴいさんがお持ちのHB59に換えたようですので..。
今はPAF系でブティック物でもいいなら ベアナックルのThe Maru(だったかな?)とかトムホームズのH453Limitedとか(高いです)ありますけど 57系(アルニコ5もあり)バーストバッカー(アルニコ2出力色々あり)辺りですかね。

山野からは20日に海外担当が戻ってきて情報くれるとメールもらってます(どういう情報か判らないですけど)
ぴい様、長文すみません
 

ダンカン社によると

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 1月19日(月)22時52分46秒
  SH-11 Custom Customに近いようですね。
フランケン引退前の黒のPUは、1stアルバムの時の黒のPUと別なんでしょうか?
これは写真をじっくり見ないと…。
ゲットは、2月に実際に発売されてから考えようと思います。
日本で適正な価格で買えるならそれが一番かなと思います。倍くらいな値段になってしまうようなら海外発送をしてくれる所をネットで探そうかと。
 

レプリカ用?

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 1月19日(月)01時07分36秒
  はい、限定みたいですから暫くはお互い大変ですね(笑)去年のEVHギターズでのセイモア氏の話では抵抗は最低でも8Ω(計測できない云々 微妙な言い方ですよね、ここら辺はやはり緘口令でしょう)EVHブランドは日本では山野楽器が正規ルートの様でわたくしも山野とコンタクト取り始めました、お互いゲットできると良いですね。Degaussedというのは減磁されたと捉えてよさそうですね、確かに思ったより出力高いですねえ...。しかしながらワイヤーやマグネットは厳選されているようですから試してみる価値はありそうですね。

確かに仰る通り そこですよね、はい ボクは個人的にはフランケン引退前の状態と近いのではと思います、ええと80年頃の白ボビンの次位に付けたやつかな? 79年頃のワックス浸透でボビンが歪んでるやつとかとは違いそうですね、しかしながら5150用としての最有力候補SH-11とは出力的に近い また新たな謎も出てきましたね。この場をお借りして何とかゲットしていきましょう。ぴいさんは今回海外とコンタクトをお取りになりますか?
 

EVH Frankenstein Humbucker

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 1月18日(日)18時27分46秒
  しましまさん、大変貴重な情報をありがとうございます。

セイモア・ダンカンのフォーラムで色々と調べてみました。
http://www.seymourduncan.com/forum/showthread.php?t=157432
ダンカン社のEvan Skopp氏(Vice President Marketing)によると、

(1)このピックアップはダンカンで製作しているが、ダンカンで販売はしない。

(2)78モデルとの仕様の比較
Seymour Duncan '78 Model
Magnet: Fully Charged Alnico 2
Wire: Plain Enamel
DCR: 9.0K

EVH Frankenstein
Magnet: Degaussed Alnico 2
Wire: Poly
DCR: 14K

(3)500個限定のエディのサイン付きエージングモデルと、今回発売されるものは、仕様はまったく同じ。エージングの外見だけ異なる。

(4)(やや噂話が混じるようだが)ダンカンでは、80年代にエディのフランケン・ストラトのピックアップのコピーモデルを作る話があり、その時点でダンカンがエディのフランケン・ストラトに付いていたピックアップを調べたところ、既に上記EVH Frankensteinの仕様であった。


ここで疑問に思うのは、78モデルと今回発売予定のEVH Frankensteinとで随分仕様が異なる、という点です。
個人的には1stアルバム(77年12月頃録音)はどちらの仕様だったのだろうか?という点です。
値段がそれほど高くないので、買いたいなと思います。
 

レプリカPU

 投稿者:しましま  投稿日:2009年 1月17日(土)17時01分17秒
  ぴい様 どうも2月にレプリカのPU やっぱ出るみたいですね、限定商品のようですが...。
200ドル位みたいです、要チェックですねえ
www.vhnd.com/
 

真空管

 投稿者:ぴい  投稿日:2009年 1月 7日(水)23時10分46秒
   パワー管は製造当時入手しやすいものが使われたようですね。パワー管の違いだけによる音の違いがどこまであるのかとなると、何とも言えない感じがします。同じ管でもメーカーによって音が違うということもありますし、寿命に近いかどうかということもありますし。
 たまに「パワー管で歪ませる」という言葉を見かけるのですが、あれは全くおかしいです。バイアス調整を変えながらパワー管の歪みを色々と試したことがありますが、シャリシャリしたノイズが入るだけです。
 KT66については、Jimmy Pageのマーシャルはこれを使っていると聞いたことがあります。
 真空管については、初段のプリ管交換の方が自分でもできるし、手軽に色々な音の違いを楽しめます。
 真空管アンプは定期的なリペアが必要なのが面倒で、お金もかかります。最初は、あんまり歪まないなぁ、弾きにくいなぁと思うのですが、エフェクターやトランジスタでは絶対得られない音があります。

トレモロアームは、たまたまですが、フロイド式のを使ったことがないので、全く未知の世界です…。
 

KT66

 投稿者:しましま  投稿日:2008年12月21日(日)23時36分43秒
  ぴい様レスありがとうございます。そうですね まだ出たばかりなんでしょうか? 高いですね。此方に書き込みさせて頂く様になった頃は東京に居たんですけど今は関西におります、一応音屋(サウンドハウス?)で買うつもりですがボクにも厳しい値段ですね(一応20万以下ですが..)youtubeの動画また一枚貼っときます。これ1962(ブルブレコンボ)ですがパワー管をKT66に換えてるんですよね、クラプトンのブルブレやクリームも大好きなんで
ビンテージではJTM45も大好きなんですよ。ぴいさんはプレキシパレス?を良く御覧になっている様ですので、1962 JTM45は基本5881(6L6GC系?)なんでJMPシリーズとちょっと違いますよね(こっちは基本EL34)御存知の様にクリームの時期はマーシャルの過渡期で微妙な仕様の物が多くマニアックな時期ですがクリームの時期のクラプトンのはJTM100(KT66仕様)という説が濃厚で、あとぴいさんがお持ちのスーパートレモロを気に入って使ってたという説もあります。エディのはJMP1959(EL34)ですからエディ的になるかどうかは難しいですけど..。ぴいさんはマーシャルにお詳しいんでもう御存知だとは思うんですが兵庫県姫路市にBANKSというビンテージに強いアンプリペア専門店があるんです。ここもマーシャルのリペアやモデファイをやってくれる関西では有名な店です。
ところでぴいさんはシンクロ使いの方ですが、ボクはフロイドなんで参考になるか判らないですけどフロイドも付け方でかなり音が変わります、エディは直付けですがスプリングも変えると音が変わります。フロイド純正、GOTOH純正、シャーラー純正、どれも音が違うんですね、特にシャーラーの旧タイプのスプリングは定評があります。ええとシンクロ用はフロイド用より硬いのが多いですがシャーラーの旧タイプはフロイド用とシンクロ用の中間の硬さです、この旧タイプはミッドレンジ型の特性を持っていてフロイド純正やGOTOH純正とかなり音質が変わります。ハイもマイルドにしてくれるのでアッシュのきついハイを抑える事が出来ます、今はESPも軟らかくてリバーブ効果のあるスプリングを出してますが シンクロ用も色々あると思うんでお試しくださいませ。歪みの感じも変わりますからEQのセットも変わってきます、結構面白いですよ。1962の動画は沢山あるんで比べてみてください
1962 KT66
tp://jp.youtube.com/watch?v=Xl2I6d38R0k
BANKS
tp://www.banks-amp.com/
 

マーシャル

 投稿者:ぴい  投稿日:2008年12月20日(土)17時09分20秒
  うらやましいです。Vintage Modernの島紀史さんのサウンドクリップを聞くと、音の分離がいいし伸びやかですよね。ギターのVolを絞ったときのクリーン音も綺麗だし。ルックスもかっこいいので自分も欲しくなりました。ちょっと高いのでそれだけが難点。  

マーシャル

 投稿者:しましま  投稿日:2008年12月 7日(日)00時11分21秒
  ぴい様、わたくしVintage Modern2266C買う事に決めました。こちらに書き込みさせて頂く様になってからもアンプの買い替えについて検討し続けていたのですがようやく決まりました。思えばぴいさんとお話できるようになってから4年位経ったんですね.. 僕にとっての初めての真空管アンプになります、二十歳位からアンプをステップアップしようと思い続けてはや19年も経ってしまいました。ずっとぴいさんのプレキシの音何度も何度も聴いてきて僕もエディのマーシャルはあんまし歪が強くなる様にはいじってないんじゃないかな?って思います。ぴいさんのシンクロのアームダウンの音なんかはもうエディの感じその物だと思います、そうですね 思うのはぴいさんのプレキシの音でサステインがもうちょっとあればいいかな?って感じですね。歪はぴいさんのプレキシで十分に出てると思います、アンプの内部の事は全然解らないですけどエフェクトを使わず回路のモデファイでサステインを長くできる方法を僕なら考えると思います。ボリュームで歪をコントロールするようになってしみじみ思うのはエディに取り組むなら自分が丁度良いと思った所よりもほんの少しクリーンにしてピッキングで歪ませる位の気合が必要だという事です。ぴいさんはアンプの内部にもお詳しいですけど回路のモデファイ(歪みを強くするのではなくぴいさんのプレキシ位の歪みでサステインだけを伸ばせないかな?)っていう感じです。初期サウンドではシンクロによるアーミングも重要ですが、エディはチューニングの安定の為もあると思いますがペグへの弦の巻き方も工夫していたみたいですしペグからブリッジまでをストレートにしたりアクションを下げたり.. でもフレズノ1978のライヴサウンドは確かに歪みもギンギンですけど.. 1stに関しては僕はぴいさんのプレキシでほぼ感じが出てると思います。78モデルはポールピースの高さを変えるとかなり音が変わるのでもう少し音が太くなる感じに調整すれば(フレットやアクションも音の太さに関係ありますよね)僕も2266C買って頑張ります。  

レプリカの

 投稿者:しましま  投稿日:2008年12月 1日(月)21時19分46秒
  ぴい様、EVHブランドからフランケンレプリカに使われたPUが発売されるという情報が近頃流れています、現状では噂の域を出てはいませんが もし出る様なら結構期待できそうですね。ただレリックの有無等詳細は判りませんが...。あれはオリジナルのPUをダンカンにて計測し直した物との事ですので78よりもリアルに出来ているかも(経年部分も再現されているのなら初期サウンドに近いかは判らないですけど)
ぴいさん、わたくしオリジナルはやはり結構重たかったと個人的には思うんですよね
個人的には300万もするならオリジナルのバランスの悪さとかそういう部分も再現して欲しかったです(レプリカはオリジナルより良く出来過ぎてるのが気に入りません)しかしながらやはり300万もするギターが激鳴りでなければ買った人は納得しないだろうし、解らなくはないんですが..。
 

エディの音の特徴

 投稿者:しましま  投稿日:2008年11月23日(日)05時48分6秒
  僕がこれまでに経験したエディ系ギターの特徴をこの場を借りて整理させて頂きたいと思います。

まず全体的にはエディの音は乾いた温かみのある高音を持つ(アルニコ2がこの感じになり易い)基本ドンシャリと言われる事も多いが肝はミッドレンジであり、ローはあまり強い方ではない。現在のヘヴィロックの中では3rdを含むコードを弾いても潰れない程度に強めのクランチサウンドであると言えるがPUパワーの割りにはサステインが大変に長く出る物を好む。



まず初期~1984(デイヴ期)PUはPAF系、アルニコ2物が多い 比較的ドライ感の強いPUが多くフランケンよりもデストロイヤーの方がドライ感が強い印象。この時期の筆頭に来るPUはダンカン78で現状ではベストと思われる。1stのデストロイヤーのトーンのファンも多いが、アイバのデストロイヤーは現状判っているデータではセンボディの可能性が高くギブソン等のエクスプローラモデルと比べてドライ感が大変に強いが意外とサステインが無く You Really Got Meでは絶妙のクランチとサステインの少ない歯切れの良いカッティングが聴ける(このトーンが好きな人はかなり多い)

サミー期のクレイマーはデイヴ期のメインであったフランケンの弱点?を対策したような感じのトーンだと個人的には思います、ギラつくハイを抑え、ミッドレンジ型の傾向がデイヴ期より強くなる、このトーンではPUも幾つかの説がある(59説、JB説等)詳細は解りませんがアンプの改造によるミッドブ-ストはそれ程でもないと思います(自分なら改造マーシャルは使わないです)この時期ですと手っ取り早くエディ的にしたいならやはり筆頭は78モデルですが、個人的にはcustom customを試してみたいです。ハミングバード時のキンキン感がもっとも耳に痛くない時期だと思います。
この辺りで現在のエディに繋がるハイは出て抜けも良いがキンキンしない、ミッドレンジ突出型の傾向が強くなる。クレイマー期に連発した叫ぶようなハーモニクス、チョーキングしてのタッピングハーモニクスの鍵はこのミッドの突出が鍵となる。

それ以降(MM、Peavey)の時期も前述の傾向を持つが全体的にPUパワーが高くなる、ディマジオMM専用はアルニコ5と思われ、比較的ドライ感は控えめである(ボディ材による)ディマジオのはハイの感じはややエディ的だがここまでの物では最もローレンジが強い(ミッドも強めだがローの方が聴感的には突出感がある)Peavey製はアルニコ2と思われ これまでの物で最もミッドレンジの突出感があり、かつドライ感が最も強い。またこれまでのエディ系PUにしては珍しく少々ハイのカリカリ感がある(Ⅲアルバムではカリカリはカットしているがステージではかなりドライ感 カリカリ感がある メイプルトップのは更にメイプルの艶の為強調される)シャーベルアートは詳細は不明ですが音を聴いた感じではエディ的PUとしては最も癖が強くなく比較的万能(エディ的でありながら比較的ジャンルを選ばない印象、パワーもそれ程強くないと見ています。

EVHブランドのカニは現状ではプロトタイプ状態と言わざるを得ませんが個人的にはPeavey製のドライ感とハイのカリカリを少々マイルドにした印象に聴こえます。

個人的にはPeavey製PUが最もデストロイヤーのドライ感に向いていると思います(パワーは別にして)

以上です、ぴい様 長文すみません。
 

いえいえ

 投稿者:しましま  投稿日:2008年10月26日(日)20時55分5秒
  いえいえ、こちらこそ ぴいさんには長らく沢山の情報を頂いてますし、ぴいさんのHPのお陰でエディサウンドの秘密を教えて頂きましたから。もしProGuiterShop.comでFULLTONEのTUBE TAPE ECHO御覧になられたのでしたら あれ真空管のプリアンプ効果結構ありましたでしょ? 57は高音の感じはエディ的ではありますが低音はあまり締りがありません VOODOO59の方がより良いと思いますよ 個人的にはCOT50GOLDがとても欲しいです。  

いろいろ

 投稿者:ぴい  投稿日:2008年10月26日(日)16時42分57秒
  しましまさん、貴重な情報をありがとうございます。
僕も57Classicはお金が貯まったら試してみたいなと思います。
マーシャルの低音は、実際にスタジオなどでフルテンでやらないとよく分からないのが悩みです。それにどうも場所によって全然音が違う…。大抵のスタジオに置いてあるのは1960AかBで、100Wまでの許容量しかないGreenBacks(1960AXか1960BX)を置いてませんし、スピーカーを飛ばしたら弁償しなければいけないので…。エディのAin't TalkとかUnchainedとかPanamaのソロの後半とかのようにぶっとくうまく歪むといいんだけど。

YouTubeの18Wのは、Cascadeという改造をしてるんではないでしょうか。僕の素人知識ですが、たしか真空管の初段を通したあと、もう一回初段を通して歪みを得る、という改造だったような…。
 

you tubeの

 投稿者:しましま  投稿日:2008年10月23日(木)23時24分17秒
  僕が良く見ていますyou tubeのやつ紹介しときます、www.ProGuitarShop.com というとこの動画です。fulltone Tube tape echoもここで観たものです。もうご存知かもしれませんが..。Vintage modarnもありますよ
18wattのはttp://jp.youtube.com/watch?v=_v4VzrEbm-o&feature=relatedですが
直リンクになっちゃってたらすいません。
 

PAF

 投稿者:しましま  投稿日:2008年10月23日(木)22時54分24秒
  そうですか、確かに昔はスーパーディストーションとPAF(ディマジオ)しかなかったですね。現在ではPAF系も沢山出ました ダンカン59も昔のと今のは音が違うって言う人もいます。僕も海外のPAFの歴史のようなHPで調べてみたんですがオリジナルは2も5もありますし...。僕は最初のPAF系は57classic(アルニコ2)だったんですよ。ドライ感は2でも5でも出ますけど2の方が強い感じがします、ブティック系のメーカーでは3 4 6なんてのも 8のも出ましたね。59はPAF系(ビンテージ)にトライした行って言う人にはやはりイチオシです 癖の無い音で万能だし。ギブソン57はやはりアルニコ2のせいかドライ感があります 個人的には57は59と比べて万能とは言い難い感じですがドライ感がやや強くエディ的かもしれません 主観ですが78は57よりドライ感が強く ややミッドレンジ型でしょうか。エディというとtreやPre、次にミッドが言われますがぴいさんはエディの低音については如何お感じでしょうか? ぴいさんはやはりプレキシをお持ちですから.. やはりフル近くだと100Wは物凄い低音と高音が出ますよね、プロの方でもステージではBass0なんて人もいますし。
締りのある低音でしたら57はあれですね はい ダンカンだとSH-PG1辺りですかね 個人的には59のマグネットをSH-11の弱いアルニコ2に なんて考えてみてますが..。
 

アルニコ2と5

 投稿者:ぴい  投稿日:2008年10月23日(木)20時24分30秒
  70年代後半から80年代にかけてはPAFのレプリカはダンカン59しかなかったので、
選択肢がなかったんですね。エディのフランケンのPAFは、個人的にはアルニコ2に近いのではと思います。アルニコ5のダンカン59とアッシュボディとの組合せでは、非常に固い音になります。今2本のアッシュボディのピックアップは、78モデル(アルニコ2)とVoodooのHB59(アルニコ5)を載せてます。後者はキンキンしないので78モデルと似た感じがします。ただ両者ともダンカン59のようなエッジの効いた低音は出ない印象です。アンプとの組合せの問題もあるのでしょうが…。
 

EVHシ-ルド

 投稿者:しましま  投稿日:2008年10月13日(月)22時16分5秒
  ごめんなさい 書き忘れてました、EVHシールド買ったんですよ 一番短いのを買ったんですが えせフランケンで弾いたら今までには聴こえなかったミッドレンジが出るようになりました、自分のギターでこんな音出てたんだー?って驚きでした。ぴいさんは59がお好きなのですか? あれアルニコ5のせいかハイが結構出ますよね、マグネットをアルニコ2に換えてみてはいかがですか? でもEVHシールドと78モデルも結構良いですよ お試しくださいませ  

マーシャルのクリーン

 投稿者:しましま  投稿日:2008年10月13日(月)21時51分12秒
  ぴい様 レス有難う御座います そうですか EP-3では意外といかないんですね はい、マーシャルのクリーン 良いですね。僕もエディに取り組んでいる内にとうとうボリュームノブで歪みをコントロールするようになってしまいました。ところで1959とJCM800では回路が違うのかEQの効き方も変わってますね、ぴいさんのプレキシ プレキシってなんか歪みのなかに何となく空間のような物(言語化できません)を感じるんですよね。あの感じがそれ以降のマーシャルだと出難いな と思っています。1stのエディの音ではドライ感がキモだなと思います、フランケンもデストロイヤーもドライ感がありますよね、デストロイヤーの方がドライ感の塊に感じます 僕はえせフランケン、Wolf SP MM Axis EXと持ってますがダンカン78 Peaveyオリジナルはとてもドライ感が強いと思います。エディサウンドを目指すならPUマグネットはやはりアルニコ2が筆頭に上がると思います、デストロイヤーはさらにマホボディ? ローズ指板でドライ感が大変に強く感じます。あの、フランケンの音ですと1stより2ndの方が使用も多いみたいでそっちが参考になりますね 4thはフランケンメインでありながらよりドライ感が強く感じます。1stって結構エフェクティブな感じすらします。
Vintage Modarnコンボは50w位ですがマスターで卓上レベルに絞れます、でもまだ高いですね、はっきりしてないんですが18wattのやつもまあまあですね。
 

マーシャル EP-3

 投稿者:ぴい  投稿日:2008年10月12日(日)23時44分19秒
  全然更新をしておらず、すみません。
オールドマーシャルのEQはミドルもあり4つあります。ファーストアルバムでEQを使っていたかどうかは未だに謎です。

EP-3ですが、聴覚的な違いは歪ませてしまうとあんまり変わらない感じです。ストラトのようなシングルコイルピックアップをクリーントーンで比較すると、EP-3を通した方が太く暖かい感じがし、若干音量が増えた感がしますが、微妙です。EP-3も個体差があるようで、私のHPでエフェクターの絵を書いてくれた人は、音量が小さくなってしまうそうです。

70年代はほとんどのハードロックギタリストがマーシャルを使っていたのに、それぞれ音が違って、同じギタリストでもアルバム毎に音が違って、という訳で、奥が深いです。
録音された音と実際に耳で聞こえる音が随分違うなぁというのもあります。

Vintage Modernについては使ったことがないので…何ともいえません。実際に弾いてみて気に入れば、ありかと思います。オールドやVintageタイプのスタックはでか過ぎるし、そもそもスタジアムとか用なので、日本の私の家のように狭い民家で弾かれるなどとは到底想定されて設計されていません。お金のことを考えなければ、コンボでマーシャルらしいアンプなら自分も欲しいなと思います。マーシャルの魅力は、ギターのボリュームを絞ったときのクリーントーンがとても綺麗な点も挙げられます。で、ボリュームを上げていくと自然な感じで歪んで行きます。なので、もし自分が買うとすれば、そこも確かめておきたいなと思います。
 

マーシャル

 投稿者:しましま  投稿日:2008年 9月24日(水)22時45分35秒
  ぴい様 お久しぶりでございます。1年前のレプリカ発表時には大変参考になるご感想を頂きまして感謝しております。おかげさまでマーシャルの様々な音を聴き 自分なりの好みも出てまいりました。ぴいさんがお持ちのプレキシ、あの時代の物は確か3バンドのEQですよね(Tr B Presence) エディがGEQでミッドブーストを掛けていたのは確かに頷ける所です、ぴいさんがダンカンEVHを購入された時のレポで59よりもハイやローが控えめであるというのも今では成る程と思います。エディの音は基本ドンシャリと言われていますが僕は個人的にはエディの音のキモはミッドレンジだと思います、またぴいさんのお持ちであった70年代のアッシュ・ストラトの重い方の音が59ではハイが痛い! というのも... エディは多分耳に痛いアッシュの高音(特にマーシャルでは..)の対策としてぴいさんの感じたEVHの感じになっていたのかもしれませんね。また歪についてはひとつ思う所がありました、あの 今FulltoneのTube Tape Echoというのがありますよね(youtubeで見ました)あれで良く言われるプリアンプ効果というのが解った気がします エディのはEchoPlex EP-3ですが あれはトランジスタ回路ですよね、プリアンプ効果というのはどうなんでしょう?
しかしながらやはり1stのあの音はかなり卓の方でもEQを効かせているのでは? と思います。今 目をつけているアンプがあります、マーシャルのVintage Modarnでしたか、あれのコンボタイプを相当気に入っております、特にCREAMサウンドっぽい感じが作りやすくて良いのですが エディ的な音としてはどうでしょう? 自分のギター(えせフランケン)を繋いでみたいですね。 長文すみません
 

デストロイヤー

 投稿者:さんちゃん  投稿日:2007年12月 3日(月)00時56分9秒
  バンさん ぴいさん回答有難うございます。
ソリッドカラーで'75年モデルはほぼ確定だと思います。
'75年モデルにマホボディーがあった事も当時の広告写真で確認できます。
コリーナとして売っていたものもマホをブリーチした物との話も聞きます。
以上を総合するとマホの可能性が高いと思っているのですが。
 

デストロイヤー

 投稿者:ぴい  投稿日:2007年12月 2日(日)20時52分49秒
  1)2)は僕もわかりませんが、材はコリーナのようです。  

デストロイヤーは、、

 投稿者:バン ハレン  投稿日:2007年12月 2日(日)17時44分38秒
  マホガニーではなく、、‘セン‘だと聞きましたよ、、今度発売のEVH本に載っているのではないでしょうか?私はまだ見てませんがww  

デストロイヤー

 投稿者:さんちゃん  投稿日:2007年11月28日(水)22時36分40秒
  初期VHのサウンドの要のひとつであるデストロイヤーですが、
1)アイバニーズ輸出モデルの初期タイプ(’75モデル)である。
2)ソリッドカラーモデルである。
3)ボディーはマホガニーである(ネックはメイプル!?)

これが正解だと思ってますが皆さんいかがでしょうか?
ご意見聞かせてくださいませ!
 

レプリカ

 投稿者:ぴい  投稿日:2007年 8月25日(土)23時36分7秒
編集済
  本人のオリジナルを基に再現し本人のサイン付ということが売りなので、
さすがにオリジナルにはかなり近いものだと思います。

重さについては主観的なので何とも言えませんが、0.5ポンド=227g以内というのは
もうちょっと絞れたのではという気がします。

アッシュはホワイトアッシュとよばれる重いものと、スワンプアッシュとよばれる軽いものがあります。この2つの材のギターを持ってましたので(材以外のパーツは全て同じ)、どちらがVHサウンドに近いかと言うと、圧倒的に前者でした。同じアッシュと思えないくらい音が違いました。ただホワイトアッシュの中でも重さのバラつきはあるようです。78-79年のストラトを2本持ってましたが、1本は石のように重たかったです。音も硬く1弦は寸づまりのような感じでした。現在もホワイトアッシュのハムバッカーを2本持っていますが、重いほうはダンカン59では耳が痛い線の細い音になってしまいます。

ここからは全くの根拠のない推測ですが、「軽い」というレプリカを持った人の証言と、「重い」という当時の白黒ストラト実物(鎖ストラップ付き)を持った人の証言を踏まえ、自分の限られた経験から勘ぐるに、オリジナルは普通の重さのホワイトアッシュではないかなぁ、と推測します。

ピックアップについては、PAFそのものが個体差が激しく、その上リワイヤしてる(?)となると、その再現は所詮推測の域を出ない気がします。ただ、コイルが切れていたというのは個人的にはどうも受け入れ難いです。コイルが切れたら音は出ないので。

本人の「オリジナルより音がいい」というコメントは、マーケティング的には微妙と思います。e-bayでも300万もするレプリカであれば、お金に余裕があるか相当なマニアしか買えない訳で、「オリジナルと全く同じ音がする」という方が効き目があるはず。

Phaser、Flanger、ギターと来たので、僕的には「次はマーシャルをお願いします。20万以内で」と希望しています。
 

レンタル掲示板
/3